アーカイブ

2019年08月

宇徳敬子全オリジナルアルバムレビュー

カテゴリ:
急に思い立ったので書いてみました🙄
1994年の1stアルバム「砂時計」から2016年の1stミニアルバム「新月~Rainbow~」まで。ベストとかセルフカバーとかは今回はなしで。YouTubeにある曲は貼ってあるのでそちらも要チェック(?)



1stアルバム「砂時計」
1994年10月10日発売
砂時計
宇徳敬子
1994-10-10




収録曲

1.夏の日の恋
1stシングルC/W


2.きれいだと言ってくれた
『ホテルウーマン オリジナルサウンドトラック』収録曲
フジテレビ系ドラマ「ホテルウーマン」挿入歌


3.まぶしい人
2ndシングル
JR東海「プラスワンキャンペーン」CMソング



4.どこまでもずっと
4thシングル
TBS系「COUNT DOWN TV」オープニングテーマ


5.蒼い時刻
アルバムリード曲


6.愛さずにはいられない
3rdシングル
TBS系「'94世界フィギュアスケート選手権大会」テーマソング


7.FARAWAY


8.坂道


9.Good-by Morning
宇徳敬子&近藤房之助名義シングルのソロバージョン サンディーのカバー
フジテレビ系ドラマ「ウーマンドリーム」主題歌


10.あなたの夢の中 そっと忍び込みたい
1stシングル
NTT DoCoMo 「ドコモのポケベル」CMソング



宇徳敬子名義では初のアルバム。「Mi-Keのケーリン」からソロに移行したのが'93年の8月。そこから1年少々でのアルバムリリースとなった。ここまでの4シングルと、Mi-Ke時代に近藤房之助とのコラボでリリースした「Good-by Morning」のソロバージョン、『ホテルウーマン オリジナルサウンドトラック』に収録されていた「きれいだと言ってくれた」を収録。
地味に1位を獲得し地味に40万枚も売れた。あと地味に髪を短くした。ええやん😎


シングル5曲中4曲が大バラードな時点でお察しではあるが、1stアルバムにしてキャリア通して最もまったりした作風。アップテンポな曲は1曲もないです。あってミディアム(M4、M8)。だが個人的にはこのバラード連発のおかげで彼女の声の訴求力の高さに気づくことができた。特にシングル曲のM3やM10、アルバムタイトル候補でもあったM5辺りでその高い訴求力を味わえる。ただ、この魅力に辿り着けるまでに『バラード連発』『音の古さ』という二つのでっかい壁があるので、そこを越えられるか否かでだいぶ評価が変わってくると思う。僕は次回作の次に好き。

★★★★☆




2ndアルバム「氷」
1996年11月11日
氷
宇徳敬子
1996-11-11



収録曲

1.氷
アルバムリード曲


2.メッセージ
8thシングル
日本移動通信(現・KDDI)CMソング


3.YEAI YEAI (Album Version)
8thシングルC/W


4.あなたは 私の ENERGY (Album Version)
5thシングル
テレビ朝日系『'95 パリ・ダカールラリー』テーマソング
※動画はシングルバージョン


5.あなたが世界一
7thシングル
テレビ東京系「ザ・BINGOスター」エンディングテーマ
三井生命CMソング


6.愛の戦士~I'm a Fighter~


7.Eternity
瀬戸朝香への提供曲のセルフカバー
9thシングルC/W(カット)
※動画はシングルバージョン

8.この情熱はダイヤモンド
瀬戸朝香への提供曲のセルフカバー
第76回全国高校ラグビーテーマソング


9.不思議な世界 (Fancy Version)
6thシングル
伊藤園「お~いお茶」CMソング
※動画はシングルバージョン


10.ランナー


11.あなたを探してる


12.今日は調子悪いの




「砂時計」から約2年でリリースされた2枚目。前作以降の4シングルと、瀬戸朝香に提供した「Eternity」「この情熱はダイヤモンド」のセルフカバーを収録。今作も地味に2位を獲得し地味に10万枚売れた。なお髪型は変わらず。


まったり続きでこりゃ聴く人選びますわなって感じだった「砂時計」から一転してM4やM8のようなアップテンポな曲も出てきた。アップテンポでも持ち前の歌声の訴求力の高さは変わらない
バラードもM2やM9のような大作からM1、M7のような小曲まで多彩で、まったり続きの前作よりも曲の作りに幅が出てきていて良い。前作で印象づけた「ソロシンガー宇徳敬子」としての色を壊さずに、でも上手く進化した。宇徳敬子ソロとしての最初の到達点を迎えた名盤。宇徳敬子を初めて聴く人に薦めたいのはこのアルバムかコナンや中華一番の曲が入ってる次回作のどちらか。

★★★★★




3rdアルバム「満月~rhythm~」
1998年8月26日
満月~rhythm~
宇徳敬子
1998-08-26



収録曲

1.Don't forget me
12thシングル(カット)
※動画はシングルバージョン


2.ふたりのSeason
12thシングルC/W(カット)


3.Higher~青い空ねぇ~
11thシングルC/W


4.Are you kidding


5.二人のために未来のために


6.Hideaway -逃亡者-


7.満ち潮の満月
10thシングル
テレビ朝日系「超次元タイムボンバー」エンディングテーマ



8.光と影のロマン (Album Version)
9thシングル
読売テレビ系アニメ「名探偵コナン」エンディングテーマ



9.忘れな草


10.風のように自由~free as the wind~ (Album Version)
11thシングル
フジテレビ系アニメ「中華一番!」エンディングテーマ
※シングルバージョン

※アニメEDバージョン


11.Change your life


12.遥かなる道


13.Love





前作からまた約2年でリリースされた3枚目。前作以降の3シングルを収録。また、「Don't forget me」が同時にシングルカットされた。なお髪型は変わらず。

「名探偵コナン」のEDにも起用され、現在最も知名度が高いと思われる「光と影のロマン」(M8)の収録もあり前作以上の王道!…かと思いきや案外挑戦してますコレ。同曲をはじめM2、5、10辺りの王道な曲が前作から更に突き抜けていった分、M1やM9、M12は前作収録の「氷」「Eternity」の路線を更に突き詰めたような音数少なめの小曲だし、M4、6、7、11はかつての楽曲と比較するとどこか緊張感の漂う作風。M7はシングル曲だし、アルバム内トップクラスの小曲であるM1をシングルカットに選んだことからも、王道を超えて徐々に自分のカラーを出していこうと模索している、そんな時期だったのだろうと思う。その過渡期を見事に切り取ったバラエティーに富んだアルバム


この後はシングル2枚出してしばらく停滞してしまうのだが、この後すぐにもう1枚アルバムが出ていたらどういう変化をしたのか…というところは気になる。時期的にはZARDの「時間の翼」みたいな軽い打ち込みメインになりそうな気がするけどシングルに入った曲聴いた限りだとそういう方向でもないからなぁ。

★★★★☆




4thアルバム「よろこびの花が咲く~True Kiss~」
2006年11月22日

収録曲

1.プロローグ


2.I can feel〜世界でいちばん君が光ってる〜
ベストアルバム『The Best "Eternity"』収録曲 歌詞・タイトル変更&再録音


3.Strawberry night


4.True Kiss
アルバムリード曲


5.Deep Story


6.雨の日はポジティヴ


7.Realize (album ver.)
13thシングル
※動画はシングルバージョン


8.大切に想うエトセトラ
14thシングル


9.friend
13thシングルC/W


10.神様からのプレゼント


11.泣いて
14thシングルC/W


12.Now & Forever


13.KISS (piano ver.)
10thシングルC/Wのピアノバージョン
※動画はシングルバージョン


14.エピローグ♪Highland Cathedral♪


15.神様からのプレゼント(guitar ver.)





00年のシングルを最後に新作リリースが停止していた中、6年の沈黙を破ってリリースされた4枚目。アルバムとしてはベストを挟んで3年ぶり。オリジナルとしてはなんと約8年ぶり。前作以降00年までにリリースされていた2シングルを収録。ライナーノーツとミニ写真集を兼ねたようなブックレットも付属。お美しいです。あと髪が伸びた。


民族楽器を取り入れたアコースティック路線に変化。8年の間にB社も完全にGIZAの色に染まっており、参加している作家も同時期のGIZAで仕事をしていた面々(寺地秀行、NAKEDGRUN、大賀好修など)を起用しているので、特に前半はやはり音が軽め。個人的には前々作と前作のバンドサウンドが好きだったのでちょっと物足りなかった。
あと宇徳本人の声も8年の間にだいぶ力が抜けていて、どうもそれまでの聴き心地の良さと訴求力が薄れちゃったような気がする。マイペースすぎて疲れるというか…。活動停滞前のM8やM11は以前の声の魅力が残っているので聴きやすかった。


この後はまた停滞して次のアルバムは10年後だが、この間にはB.B.クィーンズの再結成やBEING LEGENDツアーなどでテレビやメディアにも結構な頻度で出演していた。私はここで宇徳を知った。

★★★☆☆




1stミニアルバム「新月~Rainbow~」
2016年3月9日
新月~Rainbow~
宇徳敬子
2016-03-09




収録曲

1.大丈夫だよ(^_-)-☆
配信シングル(先行)


2.もう泣かないよ
キティ&ダニエルへの提供曲のセルフカバー
※動画は原曲。 3:49から


3.ハッピー愛ランド
配信シングル(リアレンジカット)


4.月と砂漠と流れ星


5.Ready for Love~天国からの手紙~


6.Another Sky


7.鼓動~誰よりも君を愛してる~




停滞ののちリリースされた前作からさらに停滞して、約10年ぶりのオリジナルアルバム。この間にB.B.クィーンズの再結成やベスト盤リリース、BEING LEGENDツアーへの参加などの活動はしていた。前作以降のシングル「Happy Way/Destiny~キセキの輝き~」はどちらも未収録。2002年にサンリオのキティ&ダニエルに提供した「もう泣かないよ」のセルフカバーを収録。2014年8月のサントリーホールブルーローズでのLIVE映像、オフショット等の特典映像を収録したDVD付き。たぶん今までで一番髪長い。


ビーイングも離脱して一曲目からなんかタイトルに顔文字使ってるしハッピー愛ランドとかどないしたんや…と思いながら恐る恐る聴いてみたらこれが結構良かった。ビーイング時代よりもアレンジがチープなのは否めないけど、基本路線は曲名から危惧していたほど変わっていないし、メロディーもしっかり立っている。宇徳の魅力であった訴求力ある歌声も戻ってきていて結果的には前作よりも聴いてて退屈しなかった。でもやっぱり突出して好きな曲っていうのは出なくなってきたな…。

★★★★☆




というわけで宇徳敬子の全髪型オリジナルアルバムレビューでした。また気が向いたら他の歌手でもやります。

deamu的・勝手にランキング特集(あ行)

カテゴリ:
最近では「今日はこんな感じ」の曇りめがねさん、「Recall Your Songs」のリスト係さんなどがアップしている『勝手にランキング』。面白そうなので僕もやってみることにしました。

アーティスト名のあいうえお順に、好きなアーティストの好きな曲のランキング、短いコメントを添えて発表していきます。どっかのコピペ

曲数は1~30の間で好きな曲数に応じて変動とさせて頂きます。




I WiSH

1 明日への扉
2 サマーブリーズにのって
3 幸せのうた
4 ☆キラキラ☆
5 さよならの雨

透き通る歌声とベストマッチなメロディー、アレンジ。Jpopプロジェクトとして文句なし。



愛内里菜

1 I can't stop my love for you
2 START
3 MAGIC
4 Dream×Dream
5 恋はスリル、ショック、サスペンス
6 Sincerely Yours
7 赤く熱い鼓動
8 Forever You~永遠に君と~
9 NAVY BLUE
10 Ohh! Paradise Taste!!

コナンの曲が昔から車でかかりまくっていたからほぼコナンタイアップの印象。



aiko

1 花火
2 カブトムシ
3 あした
4 ボーイフレンド
5 もっと

初期が至高だけど「もっと」は刺さった。



ICE

1 MOON CHILD
2 Love Makes Me Run
3 SLOW LOVE

お洒落ですねぇ。



ICE BOX

1 冷たいキス
2 ICE BOX GIRL
3 落日

再結成おめでとう。



あいみょん

1 マリーゴールド
2 君はロックを聴かない
3 ハルノヒ
4 生きていたんだよな
5 青春と青春と青春
6 ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌
7 貴方解剖純愛歌
8 ジェニファー
9 ひかりもの
10 RING DING

J-POPの未来。



秋山奈々

1 同じ星
2 さよならとはじまり
3 オレンジ色

現在は秋山依里としてコスプレの世界で活動中。



秋吉契里

1 HAPPY BIRTHDAY FOR YOU
2 あなたをただ愛して ただそれだけで生きてゆける
3 熱くならなきゃだめ これも恋だから

アナザー坂井泉水。



Aqua Timez

1 虹
2 つぼみ
3 小さな掌
4 生きて
5 エデン
6 決意の朝に
7 千の夜をこえて
8 12月のひまわり
9 ヒナユメ
10 MASK

弱い心にそっと寄り添ってくれる優しい音楽。



access

1 夢を見たいから
2 DRASTIC MERMAID
3 VIRGIN EMOTION

浅倉サウンドはハマるときは凄くハマる。あと貴水さん檀正宗を演じて以来テンションが変



A-JARI

1 I・NO・リザベーション
2 卒業
3 SHADOW OF LOVE

80年代チックな男性ボーカルバンドで一番に思い浮かぶのはオメガトライブとLOOKと彼ら。



ASKA

1 はじまりはいつも雨
2 晴天を誉めるなら夕暮れを待て
3 MIDNIGHT 2 CALL
4 東京
5 君が愛を語れ
6 MY Mr. LONELY HEART
7 月が近づけば少しはましだろう
8 UNI-VERSE 
9 ID
10 X1

色々あったけどやっぱりよく聴く。復帰後もいい曲書いてます。



東野純直

1 君は僕の勇気
2 君とピアノと
3 確かに愛したとき
4 君だから
5 summer-est~一番眩しい夏~
6 Dreamboat
7 愛し方も分からずに
8 PRIDE
9 One Way
10 深呼吸でゆく

現在はラーメン屋と歌手を兼業。テレビ出演時に語っていた「麺が歌詞、スープが曲、厨房がステージ」という言葉が強烈に印象に残っています。



足立佳奈

1 ココロハレテ
2 笑顔の作り方~キムチ~
3 だいじょうぶっ!

唯一無二の歌声だからこそ、ラブソングよりもデビュー当初のような応援歌をもっと聴きたい。



アップル&ペアーズ

1 ときには空
2 ラムネの月
3 風に失くした言葉
4 きんいろのかけら
5 スクリーン
6 ずっとずっと
7 木曜の9時に逢いましょう
8 イエロー
9 ヤムヤム・バブルガム
10 シャ・ラ・ラ

知られさえすれば時代なんて容易く越えてしまいそうな普遍性に溢れたバンド。このブログを本格再開させた暁には全力で推します。



アツミサオリ

1 Morning Glow
2 星の下で~Girl's Pop!~
3 あい
4 君に手紙を書く時は
5 びいだま

僕が聴いてきた中でこの人が一番メロディーの耳触りがいい。



亜波値綾乃

1 大きな風
2 がんばれ 私!
3 Seventeen

凛とした上手さと可憐さを兼ね備えたボーカルってわりと貴重だと思う。



安室奈美恵
1 SWEET 19 BLUES
2 TRY ME~私を信じて~
3 Body Feels EXIT
4 ダンシング・ジャンク
5 太陽のSEASON

SUPER MONKEY'S時代も含めて。小室時代やそれ以降よりも初期路線派。



荒川ケンタウロス

1 superstar
2 ど真ん中の海
3 アパート
4 暁
5 ニュータウン

10年代一番の正統派ポップバンド。GOOD BYE APRILと共にチューリップ、オフコースの系譜を継いでいます。




1 サクラ咲ケ
2 PIKA★★NCHI DOUBLE
3 マイガール
4 感謝カンゲキ雨嵐
5 A・RA・SHI
6 Everything
7 Love so sweet
8 Happiness
9 果てない空
10 キミの夢を見ていた

常に僕の人生と共にあるのはなんやかんやで彼ら。特にシングル曲は聴けばその頃の思い出が自然と蘇ってきます。存在そのものが歴史。



al.ni.co

1 TOY$!
2 晴れた終わり
3 カナリア

WANDSのようなポップ性は皆無。でもめちゃめちゃフラストレーション溜まっているとき無性に聴きたくなる。



[ALEXANDROS]

1 Forever Young
2 ワタリドリ
3 涙がこぼれそう
4 SNOW SOUND
5 月食ホライズン

吹っ切れたような解放感がかっこいい。日本語詞の曲が好きです。



あんしんパパ

1 はじめてのチュウ

カラオケのボイスチェンジャー要員その1。



安全地帯

1 悲しみにさよなら
2 I Love Youからはじめよう
3 ワインレッドの心
4 好きさ
5 恋の予感

まだベスト止まり。



アンダーグラフ

1 ツバサ
2 1977年生まれの僕らは
3 パラダイム

旅立つ空に出会いと別れやってた頃が全てかと思ったらそうでもなかった。



UNDER THE COUNTER

1 旅立ちの唄
2 GREAT GREEN
3 ハローワーク
4 出せない手紙
5 ハッピーバースデー

骨太なロックサウンドに乗る誠実なメッセージ。亀田誠治と組んだメジャーラストアルバム「DON'T LOOK BACK」は名盤。



anderlust

1 いつかの自分
2 帰り道
3 Scrap & Build

彗星の如く現れそのまま消えていった。



andymori

1 everything is my guitar
2 ベースマン
3 誰にも見つけられない星になれたら
4 夢みるバンドワゴン
5 Peace
6 ハッピーエンド
7 光
8 CITY LIGHTS
9 愛してやまない音楽を
10 Life Is Party

疾走感だけじゃなくメロディーも立っているから忙しない曲もすんなり聴ける。そしてメロディーがいいから歌詞も大切にしているのが伝わる。



杏里

1 思いきりアメリカン
2 悲しみがとまらない
3 SUMMER CANDLES
4 ALL OF YOU
5 愛してるなんてとても言えない

しっかり聴けばもっと好きな曲出てきそうな筆頭格。



飯島真理

1 夢色のスプーン
2 天使の絵の具
3 1グラムの幸福

リン・ミンメイ以外にもいい曲あるぞ。



飯塚雅弓

1 アクセル
2 DESTINY
3 love letter

「アクセル」の衝撃が凄すぎてなかなか先に進めない…。



家入レオ

1 そばにいて、ラジオ
2 ずっと、ふたりで
3 恋のはじまり
4 僕たちの未来
5 miss you

2016~2018辺りの曲がめちゃめちゃポップだった。



YeLLOW Generation

1 北風と太陽

他の曲も聴いたけどこれが奇跡の1曲な印象。



THE YELLOW MONKEY

1 太陽が燃えている
2 追憶のマーメイド
3 LOVE LOVE SHOW
4 JAM
5 プライマル。

やっぱりシングル曲派だわ。



いきものがかり

1 いつだって僕らは
2 1 2 3~恋がはじまる~
3 今走り出せば
4 風と未来
5 SAKURA
6 茜色の約束
7 気まぐれロマンティック
8 ありがとう
9 帰りたくなったよ
10 君と歩いた季節
11 YELL
12 最後の放課後
13 笑ってたいんだ
14 笑顔
15 うるわしきひと
16 ハジマリノウタ~遠い空澄んで~
17 夏空グラフィティ
18 虹
19 GOLDEN GIRL
20 ラブソングはとまらないよ
21 なんで
22 Happy Smile Again
23 マイサンシャインストーリー
24 キミがいる
25 ハルウタ
26 白いダイアリー
27 心一つあるがまま
28 マイステージ
29 ブルーバード
30 ちこくしちゃうよ

奇跡の三人組。三人のうち誰が曲作っても名曲になる。



=LOVE

1 僕らの制服クリスマス
2 =LOVE
3 「部活中に目が合うなって思ってたんだ」

元ドルヲタのアイドルが作ったアイドルは伊達じゃない。デビューしたときは新しい風が吹いてきたー!と思った。



石井聖子

1 ANNIVERSARY
2 会いたくて…
3 恋だっていいのに

アルバム「Angelophany」は鈴木祥子と岡本真夜の『Versus』



石崎ひゅーい

1 第三惑星交響曲
2 僕がいるぞ!
3 さよならエレジー
4 ピーナッツバター
5 ピリオド

衝動のままに走り出したくなるような楽曲と胸を裂くような悲しみを歌った楽曲、どちらも良いなーと思うのは詞が彼しか書けないものばかりだから。



ISIS

1 SUMMER GOODでいいじゃない
2 チョットまって
3 「会えない夜の過ごし方」

三ツ矢サイダーのCMになった1はとびっきりポップ。本筋は末期MOON CHILDみたいなこねくり回した曲が好きな人は刺さるかも…?



石田燿子

1 乙女のポリシー
2 Sugar Baby Love
3 言えないから
4 spring field
5 たからもの

真っ直ぐで気品ある歌声がアニメと曲をしっかりと引き立てています。



石嶺聡子

1 涙はいらない
2 青空
3 私がいる

多くの人がイメージするであろう「歌の上手さ」と、曲を彩るだけの透明感を併せ持ついい声。



泉川そら

1 tu-la-la
2 ヤッホー!
3 等身大の地球儀
4 そらへ
5 神様がくれた日

この声。甘ったるいんだけど素直でさっぱりしているからすんなり聴ける。



磯貝サイモン

1 初恋に捧ぐ歌
2 君はゆける
3 CRAZY FOR YOU
4 帰り道にて
5 あ・く・せ・く

ゼロ年代のピアノ貴公子その1。好きなんだけどリリースがマイペースすぎるのが難点。



ET-KING

1 今
2 なんかいいね
3 サクラサク
4 愛しい人へ
5 ヤッターマンの歌

サビの7人の合唱が気持ちよかった。いときんさんとTENNさんはもういないけれど、残る5人は今も頑張っています。



イトヲカシ

1 スターダスト
2 さいごまで
3 アイオライト
4 蒼い炎
5 半径10メーターの世界

世代ぶち当たりでやって来た素晴らしい青春讃歌達。声がめちゃめちゃ耳に残る。歌詞さんソロも好きなんだけどそろそろこっちに戻ってきてほしい…。



稲垣潤一

1 クリスマスキャロルの頃には
2 君は知らない
3 夕焼けは、君のキャンバス
4 さらば愛しき人よ
5 1969の片想い
6 君に言い尽くせないまま
7 SHINE ON ME
8 僕ならばここにいる
9 メリークリスマスが言えない
10 ドラマティック・レイン

独特の揺らぎを持つ声が彼だけの世界観を作り上げる。



稲葉浩志

1 羽
2 遠くまで
3 Okay

後年の方が刺さる曲が多い。



井上ジョー

1 GO★
2 風のごとく
3 CLOSER
4 HELLO!
5 幻

洪水のように流れていくメッセージ。不安なときに聴くとスッキリする。
元々作詞作曲ボーカル全楽器演奏ミキシングマスタリングまで全部一人でこなす才人ですが、今はその才能をYouTubeのフィールドで発揮しています。



井上昌己

1 恋はLiberty
2 恋が素敵な理由
3 YELL! -16番目の夏-
4 純心
5 メリー・ローランの島

ガールポップの美人というと坂井泉水に行きがちだけどこの人もかなりの美人。曲も素敵。



岩坂士京

1 STEP BY STEP
2 心の地図
3 硝子の路
4 smile~いっさいがっさい忘れたい~
5 この空にKissしたい

大人になりきれずにもがいている全ての人に聴いてほしい。



岩田さゆり

1 Thank You For Everything
2 First love
3 不機嫌になる私

今のビーイングが女優の歌手活動やったらどうなるのかな。



ウィズ

1 永遠のパズル

調べるにしても情報が無さすぎる…。90年代の売れる前のSee-Sawっぽい感じ。



WEAVER

1 こっちを向いてよ
2 僕らの永遠~何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから~
3 『あ』『い』をあつめて
4 笑顔の合図
5 Shall we dance

僕もこんな曲が似合うイケメンピアノ奏者になりたかっ太…。



Wink

1 咲き誇れ愛しさよ
2 愛が止まらない
3 追憶のヒロイン

シングルの曲しか聴いてない。



上原あずみ

1 無色
2 青い青いこの地球に
3 I Love You

上手いとは思わないんだけどなんか癖になる声。



上野優華

1 好きになってもいいですか?
2 やくそく
3 君といた空
4 恋日記
5 見えない花
6 星たちのモーメント
7 未来観覧車
8 ただ、あなたのそばで
9 翼を持って生まれた者たち
10 だって君のカノジョだもん。

路線も変わってすっかり冷めちゃったけど大切な思い出です。あの頃のTLと共に。



植村花菜

1 トイレの神様
2 サンシャインストーリー
3 でこぼこ

アルバム聴き漁るよりもトイレの神様リピートするが吉。



WENDY

1 エール~あなたの夢が叶うまで~
2 素直でいたい
3 笑顔のかぎり

BAKUの妹分として結成。「蒼き伝説シュート!」関連の曲が名曲。



Water

1 コトバにできない想い
2 好きで好きで
3 サクラ

ここまでZA○Dに似るってもう才能だわ。



The Water of Life

1 クロール
2 あの場所で
3 うそ

バンドみたいな名前だけどソロシンガー。アニソンに起用された1、めちゃめちゃポップです。



内田珠鈴

1 一歩ずつ
2 青の季節
3 つながり

最初は良かったのに…。うまく進んでいたはずが…と言いたいのはこっちです。



宇宙まお

1 声
2 涙色ランジェリー
3 休みの日(カバー)

やや舌っ足らずにも聴こえる歌い方だけどこれがいいんですよ。女性なんだけど少年って感じ。



宇徳敬子

1 光と影のロマン
2 メッセージ
3 この情熱はダイヤモンド
4 まぶしい人
5 大切に想うエトセトラ
6 風のように自由~free as the wind~
7 あなたの夢の中 そっと忍び込みたい
8 不思議な世界
9 愛さずにはいられない
10 きれいだと言ってくれた

身を委ねたくなるような温もりと色気の歌声。



ウルフルズ

1 ガッツだぜ!!
2 バンザイ~好きでよかった~
3 明日があるさ
4 ヒーロー
5 かわいいひと

なんにも考えたくないときの音楽。



エイジアエンジニア

1 君は君のままで
2 一人のメリークリスマス
3 MOMI MOMI Fantastic feat.はるな愛
4 エターナルポーズ
5 スーパーヒーロー

00年代終盤から10年代序盤のトレンドだった、ファンモン、GReeeeN、Hi-Fi CAMPなどのラップ×J-POPの流れををいち早く取り入れていた四人組。



HIM

1 HEAVEN
2 SHOOTING STAR
3 NO MORE KISS, NO MORE CRY
4 HEARTBEAT SNOW~THEME OF SNOW BEAT
5 EVERYDAY, BE WITH YOU

伊秩ワークスの問題児(?)。TRFにもZARDにもマイラバにもなりきって見せちゃったボーカルSHIZUKAの声の多彩さはもっと評価されるべき。



HKT48
1 桜、みんなで食べた
2 メロンジュース
3 僕の想いがいつか虹になるまで
4 控えめ I Love You!
5 74億分の1の君へ

本店やその他支店に比べたら好きな曲そんなにないかも。



H₂O

1 Good-byeシーズン
2 想い出がいっぱい
3 10%の雨予報
4 風のロマンス
5 振り向けば Broken Heart

80年代前半に限ってはチャゲアスよりも彼らの方が一枚上手だと思う。『みゆき』の三曲は永遠の名曲。



EXILE

1 Everything
2 Your eyes onlv~曖昧なぼくの輪郭~
3 Rising Sun
4 Together
5 Someday
6 EXIT
7 Fly Away
8 I Believe
9 Pure
10 Ki・mi・ni・mu・chu

ポップな曲が好きです。



X21

1 明日への卒業
2 Best Friend
3 恋する夏!
4 Xギフト
5 ハッピーアプリ

吉本実憂、尾碕真花などを輩出したオスカーのアイドルグループ。1stアルバムまでは良い曲しかない。



AKB48

1 君はメロディー
2 ひこうき雲
3 11月のアンクレット
4 夕陽を見ているか?
5 恋するフォーチュンクッキー
6 永遠より続くように
7 365日の紙飛行機
8 ヘビーローテーション
9 引っ越ししました
10 チャンスの順番
11 Better
12 大声ダイヤモンド
13 GIVE ME FIVE!
14 僕だけのValue
15 High school days
16 桜の花びらたち
17 ライダー
18 僕の太陽
19 Seventeen
20 君のことが好きだから
21 君と虹と太陽と
22 BINGO!
23 #好きなんだ
24 走れ!ペンギン
25 10年桜
26 涙サプライズ!
27 青空よ 寂しくないか?
28 新しいチャイム
29 抱きつこうか?
30 最後の制服

一度色眼鏡を外して聴いてみましょう。胸にジーンとくる神曲たちがそこにあります。



SKE48

1 愛の数
2 目が痛いくらい晴れた空
3 恋を語る詩人になれなくて
4 ごめんね、SUMMER
5 1!2!3!4! ヨロシク!
6 不器用太陽
7 兆し
8 バンザイVenus
9 前のめり
10 水のないプール

シングル曲以外にも名曲がめちゃめちゃある。まずはアルバム「制服の芽」「ラムネの飲み方」をぜひ。



STU48

1 暗闇
2 瀬戸内の声
3 風を待つ

メンバーが全然把握できてない。



NMB48

1 君と出逢って僕は変わった
2 僕はいない
3 北川謙二
4 僕は待ってる
5 太宰治を読んだか?

シングル曲、アクが強いです。



NGT48

1 青春時計
2 Maxとき315号
3 ぎこちない通学電車
4 みどりと森の運動公園
5 春はどこから来るのか?

青春時計よ、時を戻してくれ。



A.B.C-Z

1 Moonlight Walker
2 花言葉
3 Za ABC~5 Stars~
4 ずっとLOVE
5 砂のグラス

あまり取り上げられないのが不憫すぎる。



Every Little Thing

1 出逢った頃のように
2 For the moment
3 Time goes by
4 Grip!
5 Never Stop!
6 fragile
7 ゆらゆら
8 Here and everywhere
9 今でも…あなたが好きだから
10 また あした
11 Someday, Someplace
12 Over and Over
13 All Along
14 Pray
15 Face the change
16 Dear My Friend
17 UNSPEAKABLE
18 Shapes Of Love
19 二人で時代を変えてみたい
20 FOREVER YOURS

3人時代の心がワクワクするようなシンセサウンドも、2人以降のしっとり聴かせるバラードも良い。持田の声の変化に上手く対応しています。



elliott

1 ひまわり
2 手紙
3 木曜日の糸
4 Party~月夜のおにごっこ~
5 時の鐘

きれいなメロディーにきれいな歌声。J-POPの一つの理想形。



ELiKA

1 NEW VISION
2 Love Is Still No Color~二人しだいで~
3 Happy Lucky Lonely~どんな時にも~
4 あなただけForever
5 君、微笑んだ夜

ブーム前夜のビーイングで活躍した人。後続のZARDや宇徳よりは「陽」って感じ。



ELE

1 私に翼があれば
2 捨てられないラブレター
3 さよならのエチュード

90年代の後藤次利と秋元康が登板して良くならないわけがない。



L⇔R

1 HELLO, IT'S ME
2 STAND
3 KNOCKIN' ON YOUR DOOR
4 First Step
5 雲
6 BOTH SIDES NOW
7 REMEMBER
8 SEVENTEEN
9 Bye Bye Popsicle 一度だけのNo.1
10 OVER & OVER
11 君に虹が降りた
12 恋のタンブリング・ダウン
13 NICE TO MEET YOU
14 RED & BLUE
15 GAME
16 DAY BY DAY
17 ブルーを撃ち抜いて
18 夜を撃ち抜こう
19 アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック
20 Society's Love

彼らにしかできないポップ性とマニアック性の絶妙なバランスが最高。
敬愛する某氏がレビューで仰っていた通り「J-POP好きなら聞いておかなきゃ損」。



エレファントカシマシ

1 今宵の月のように
2 さらば青春
3 笑顔の未来へ
4 悲しみの果て
5 ガストロンジャー
6 四月の風
7 はじまりは今
8 風に吹かれて
9 君がここにいる
10 Destiny

好みなのはポニーキャニオン時代とユニバーサル移籍後。しっかり聴いてみると宮本の声質の幅広さに驚かされた。



遠藤久美子

1 夢ロケッツ
2 二人だけの宝物
3 HOLD ON MY HEART
4 好きなら好きっ!
5 juicy

声にも曲にも恵まれた人。この時代の女優の歌手活動では広末涼子と並んで特に好きな部類。



the OYSTARS

1 なんか幸せ
2 勇気忘れない
3 過日恋恋
4 G・A・I・A
5 SO SERIOUS~がむしゃらな恋~

広島で大串兄弟が営んでいるらしいお好み焼き屋にいつか行きたい。お二人にとってもミックスが曲、ソースが歌詞なのかなー。(意味不明な人東野純直の項へどうぞ)



大石昌良(オーイシマサヨシ)

1 ほのかてらす
2 君じゃなきゃダメみたい
3 オトモダチフィルム
4 Hands
5 うしろのしょうめん

サウスケボーカル、今やアニソン界のおしゃべりクソメガネ。1は彼の故郷・愛媛県宇和島市の景色を歌った名曲。いつか行きたいなあ。



大江千里

1 GLORY DAYS
2 格好悪いふられ方
3 REAL
4 YOU
5 十人十色
6 Rain
7 きみと生きたい
8 これから
9 回転ちがいの夏休み
10 夏の決心

フリーザ様~!
聴き始めたのは母の影響。



大久保海太

1 夏は、いつ
2 ヴィデオ
3 僕らの心臓
4 パンチ
5 帰りたくない

ポカリのCMのシーンが似合うような、海をバックにしたスケールの大きな情景が浮かんでくる。



大黒摩季

1 ら・ら・ら
2 あぁ
3 熱くなれ
4 Anything Goes!
5 あなただけ見つめてる

エネルギッシュ。



大城光恵

1 青年よ大志を抱け
2 ひまわり
3 以心伝心しよう
4 中年よ大志を抱け
5 Believe Me

常に等身大のエールを送り続けたシンガー。1は「愛は勝つ」「どんなときも。」「負けないで」と並び称されてもおかしくないはず。



大瀧詠一

1 君は天然色
2 幸せな結末
3 恋するカレン
4 さらばシベリア鉄道
5 Pap-pi-doo-bi-doo-ba物語

「A LONG VACATION」で止まってるからそのうちもっと掘り下げたい。



大橋利恵

1 Everybody, Shake Up!
2 Sleepless Summer
3 愛って何?
4 はなれていても
5 Shiny Lucky Lady

ZARDとELTの丁度中間のような音楽やってた人。



大原櫻子

1 真夏の太陽
2 さよなら
3 頑張ったっていいんじゃない
4 青い季節
5 大好き
6 瞳
7 明日も
8 Special day
9 無敵のガールフレンド
10 トレモロレイン

心の浮き沈みの激しかった中学時代を支えてくれた曲たち。亀田誠治がプロデュースしていた頃が凄かった。



大原ゆい子

1 言わないけどね。
2 星を辿れば
3 ゼロセンチメートル
4 さよならの行方
5 Magic Parade

『からかい上手の高木さん』で知りました。そろそろアルバムを…。



大森洋平

1 彼女
2 ドラマチック
3 強烈なハッピーエンド

19歳でデビューして23年。シンプルなギターサウンドとエモーショナルな歌声はずっと健在。



岡田ひらり

1 一番愛するあなたに
2 空に一番近い場所で
3 好きと贈りたい

8cmシングルに1000円かけて買ったのはこの人とDEENとミスチルとgirl meets loveだけ。



岡野宏典

1 フォトグラフ
2 レモネード
3 ゴール
4 世界で誰より愛してる
5 キャンバス

ゼロ年代のピアノ貴公子その2。こっちもマイペース…。



岡村孝子

1 夢をあきらめないで
2 Believe
3 心の草原
4 クリスマスの夜
5 はぐれそうな天使

シンセドバドバだぜ。



岡村靖幸

1 あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう
2 だいすき
3 SUPER GIRL
4 カルアミルク
5 友人のふり

彼の魅力を僕はまだ半分も理解できていないと思う。



岡本真夜

1 TOMORROW
2 そのままの君でいて
3 FOREVER
4 泣けちゃうほどせつないけど
5 Alone

シンガーとしても作家としても天才。



奥井亜紀

1 Wind Climbing~風にあそばれて~
2 晴れてハレルヤ
3 BOYS BE BRAVE~少年よ勇気を持て~
4 心のファンファーレ
5 ゆきうさぎ

歌詞の一つ一つが刺さる、上手い下手を超越した歌声。全てが心からの言葉に聞こえます。



奥村初音

1 ホントはね
2 砂
3 恋、花火
4 夏色の恋
5 くつずれ

この名前でやってた頃のピュアな曲が大好き。



尾崎裕哉

1 始まりの街
2 27
3 サムデイ・スマイル

親父譲りの良曲たち。



尾崎豊
1 OH MY LITTLE GIRL
2 I LOVE YOU
3 卒業
4 15の夜
5 僕が僕であるために
6 Forget-me-not
7 十七歳の地図
8 街の風景
9 黄昏ゆく街で
10 はじまりさえ歌えない

からの親父。ほぼベスト盤と「十七歳の地図」からの選曲。



小沢健二

1 ぼくらが旅に出る理由
2 さよならなんて云えないよ
3 愛し愛され生きるのさ
4 痛快ウキウキ通り
5 ドアをノックするのは誰だ?

独特な声が甘ーい歌詞と合わさると聴いてるうちに恋したくなってくる。



おしりかじり虫

1 おしりかじり虫

カラオケのボイスチェンジャー要員その2。



オセロケッツ

1 マフユ
2 かわいた時を抜けだそう
3 アンサーソン
4 病花
5 ミリオンボーイ

面白い曲と真面目な曲のコントラスト。



小田和正

1 ラブ・ストーリーは突然に
2 風の坂道
3 キラキラ
4 たしかなこと
5 ダイジョウブ

声の老けなさが凄すぎる。どんなケアしてんだ。



織田哲郎

1 いつまでも変わらぬ愛を
2 青空
3 君の瞳にRainbow
4 君の笑顔を守りたい
5 Christmas Song
6 キズナ
7 あなたのうた
8 ガラスの街で
9 夏のかけら
10 CAFE BROKEN HEART

希代のメロディメーカー。本人の曲も渋さと涼しさのバランスが良き。



the autumn stone

1 君がいなかったら
2 雨を追い越して
3 neil
4 光の射す場所
5 麗しのレイニー

夕方~夜になると無性に聞きたくなる。どの曲もどこか懐かしく暖かい。



オトナモード

1 雨色
2 風になって
3 空の向こう側
4 グライダー
5 花束

心がスーッと透き通っていくような瑞々しいポップソングの数々。3をアルバムに入れなかったのは罪です。ほんまに。



Official髭男dism

1 115万キロのフィルム
2 Pretender
3 恋の前ならえ
4 恋の去り際
5 ゼロのままでいられたら

出世したなぁ…。



オフコース

1 愛を止めないで
2 秋の気配
3 Yes-No
4 YES-YES-YES
5 君住む街へ

鈴木康博在籍時のオリアルは一応全部聴いたけどやっぱりベタベタ選曲になっちゃった。



ORIGINAL LOVE

1 プライマル
2 Good morning Good morning
3 接吻 Kiss

この渋さ、嫌いじゃないんだけどアルバム単位ではキツい。



ORANGE RANGE

1 SUSHI食べたい feat.ソイソース
2 以心電信
3 花
4 おしゃれ番長 feat.ソイソース
5 *~アスタリスク~

1は一時期中毒になった。他4曲は幼稚園の頃を思い出す。



deamu、か行に続けよ…!

このページのトップヘ

見出し画像
×