HOLD ME
ZARD
1993-09-01

↑再発盤(オリジナル盤と統合されている可能性大)

・収録曲
全作詞:坂井泉水
1作曲:織田哲郎
2、3、6、7作曲:栗林誠一郎
4、8、9、10作曲:川島だりあ
5作曲:和泉一弥
10作曲:望月衛介
1編曲:明石昌夫・池田大介
2、4、6、7、10、11編曲:明石昌夫
3、9編曲:池田大介
5、8編曲:葉山たけし

1.眠れない夜を抱いて ★★★★★
┗4thシングル
2.誰かが待ってる ★★★★☆
3.サヨナラ言えなくて ★★★☆☆
4.あの微笑みを忘れないで ★★★★★
5.好きなように踊りたいの ★★★★☆
6.Dangerous Tonight ★★★☆☆
┗4thシングルC/W
7.こんなに愛しても ★★★★☆
┗3rdシングルC/W アルバムバージョン
8.Why Don't You Leave Me Alone ★★★☆☆
9.愛は眠ってる ★★★☆☆
10.遠い日のNostalgia ★★★★★
11.So Together ★★★★☆

Produced by Daikoh Nagato (BEING)

・データ
1992年9月2日発売
1993年9月1日発売(再発盤)
最高2位 売上106.5万枚
ポリドール内b.gramレーベル
B-Gram Records(再発盤)

ZARD メンバー
Vocal:坂井泉水
Guitar:町田文人
Bass:星弘康
Keyboard:道倉康介
Drums:池沢公隆

ZARDの3rdアルバム。前作までがミニアルバムだったため初のフルアルバムとなった。前作から9ヶ月ぶりのリリース。先行シングル「眠れない夜を抱いて」とカップリング「Dangerous Tonight」、前作収録「もう探さない」のカップリング「こんなに愛しても」を収録。本作のタイトル「HOLD ME」は「こんなに愛しても」のサビの歌詞から取られている。

1週間後には次のシングル「IN MY ARMS TONIGHT」がリリースされ、アートワークも本作と同じものが使用されている。「IN MY~」は次回作に収録。紛らわしいことしてくれるな

「眠れない夜を抱いて」リリース後からテレビ出演を開始。以降「負けないで」リリースの5ヶ月間で計6回テレビ出演するが、それ以降はテレビ出演が無くなった。このテレビ出演の期間は上記のメンバーでのバンド体制としての出演だった。

1ヶ月前にリリースされたシングルで本作でも1曲目を飾る「眠れない夜を抱いて」がトップ10入り、累計45万枚のヒットを記録。つられる形で本作もロングヒットし93年10月にミリオンセラーを達成(次回作の方が先に達成しているので初ミリオンは次回作)。セールス的にも成功を納め、ここでソフトな歌謡曲、爽やかポップスといったZARDの方向性が定着した。

本作の全体的なポイントは90年代初期ならではのどっしり構えた、且つどこか懐かしさを感じるようなサウンドだろう。ZARD王道は往きつつも、歌謡曲のテイストがやや強め。これ以前はもっとロック路線でこれ以降はどちらかというと爽やかポップス色が強めになっていくので意外と他のアルバムにない路線の曲が集まっている。ともすれば古臭いと取られてしまいそうな音の響きだが、筆者としてはここがハマる部分だった。

楽曲の変化に合わせるように坂井の歌声も一般的なイメージ通りのソフトな歌声になった。この部分が楽曲のイメージも大きく左右しているように思う。前作まで所々で感じられた刺々しさが、本作には感じられない。ZARDのイメージを最も決定づけているのは坂井の歌声なのではないかと思う。

「あの微笑みを忘れないで」「遠い日のNostalgia」といったファン人気の高い楽曲もここで登場。特に「あの微笑みを忘れないで」はシングルでも通るのでは?と思うほど頭一つ抜けている。以降にも見られるようなZARD王道前向きな励ましソングの原点で、ベスト盤収録率が高いのも頷ける仕上がり。

パブリックイメージのZARDが確立され始まりつつある段階の一作。サウンドのおかげもあり懐かしさを感じるような、心に沁みる曲が多い。大ブレイク前夜の傑作

★★★★☆

・MV
こんなに愛しても

眠れない夜を抱いて

 
あの微笑みを忘れないで

遠い日のNostalgia