カテゴリ

カテゴリ:個人企画

J-POP My名盤ベスト100 Ver.2020

カテゴリ:
どうもdeamuです。

昨日5月20日で19歳を迎えました!

Twitter開設から3年弱、当ブログの開設からも約2年が経過しましたが、見てくださる皆様のお陰でどちらも楽しく続けることができています。本当にありがとうございます!マイペースな活動にはなりますが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

最近はツイキャスで「Radio deamusic」も不定期で放送中です。J-POPを中心に色々な音楽を紹介していこうと考えています。こちらもぜひご覧ください。




さて今回は、私がこれまで聴いてきたJ-POPのアルバムの中で特に好きな100作をランキング形式で紹介して参ります。
以前作ったMy名盤ベスト100の改訂版になります。それではどうぞ。

※本来誕生日当日に上げるつもりが一日遅れてしまったので、当初の予定より改良を加えています。



J-POP My名盤ベスト100 Ver.2020



第1位  TODAY IS ANOTHER DAY/ZARD 1996

IMG_20200521_031555





第2位  永遠/ZARD 1999

puffer_11




第3位  FIELD OF VIEW Ⅰ/FIELD OF VIEW 1995

puffer-350




第4位  I wish/DEEN 1996

puffer-134




第5位  Spider/THE COOL CHIC CHILD 1997

images (66)





第6位  Terry&Francisco 2/Terry&Francisco 2006

puffer-419




第7位  COVER GIRL/山口由子 1996

41PQAQR04HL




第8位  PRESENT/RAZZ MA TAZZ 1996

puffer_82




第9位  Let me Roll it!/L⇔R 1995

1296020159




第10位  Doubt/L⇔R 1997

31N8EC0D9YL-1




第11位  AWAKE/WANDS 1999

puffer-485




第12位  PIECE OF MY SOUL/WANDS 1995

_QL70_


 

第13位  POP/FANATIC◇CRISIS 2001

IMG_20200124_143829




第14位  Innocent Flower/水瀬いのり 2017

IMG_20200521_024230




第15位  透明な色/乃木坂46 2015

puffer_55




第16位  真っ白なものは汚したくなる/欅坂46 2017

puffer-291




第17位  サムネイル/AKB48 2017

IMG_20200521_024815




第18位  僕たちは、あの日の夜明けを知っている/AKB48 2018

IMG_20200521_024838




第19位  Jewel/J☆Dee'Z 2019

IMG_20190402_181456




第20位  The DAY/DEEN 1998

IMG_20200521_025123




第21位  'need love/DEEN 2000

419Y4RNRDRL_1




第22位  IN MY STYLE/CALL 1995

41P4XFPSH5L-1




第23位  僕が歌う理由/CALL 1996

31CZAJ6NYRL




第24位  空を見ようよ/大城光恵 1993

puffer-425




第25位  海へ行こうよ/大城光恵 1994

puffer-463




第26位  揺れる想い/ZARD 1993

IMG_20200521_025209




第27位  OH MY LOVE/ZARD 1994

puffer-398




第28位  I/いきものがかり 2013

I



第29位  FUN! FUN! FUNFARE!/いきものがかり 2014

FANFARE




第30位  いいね!/GReeeeN 2013

IMG_20200521_025539




第31位  歌うたいが歌うたいに来て 歌うたえと言うが 歌うたいが歌うたうだけうたい切れば 歌うたうけれども 歌うたいだけ 歌うたい切れないから 歌うたわぬ!?/GReeeeN 2012

puffer-1568




第32位  縁/GReeeeN 2016

IMG_20200521_025608




第33位  今から親指が消える手品しまーす。/GReeeeN 2014

IMG_20200521_025730




第34位  Sweet Dolce/上野優華 2017

puffer-324




第35位  U colorful/上野優華 2016

205930-KICS-3328-JK




第36位  TryAgain/TrySail 2019

IMG_20190923_234111




第37位  走り出す瞬間/けやき坂46 2018

IMG_20200521_025944




第38位  V/大原櫻子 2016

puffer-81




第39位  HAPPY!/大原櫻子 2015

puffer-490




第40位  MAN IN THE MIRROR/Official髭男dism 2016

puffer-1168




第41位  Tree/SEKAI NO OWARI 2015

puffer-532




第42位  Lip/SEKAI NO OWARI 2019

IMG_20190403_003606




第43位  Terry&Francisco/Terry&Francisco 2006

41Eh8cgsCoL-1




第44位  謎/小松未歩 1997

41XM4C57AEL-1




第45位  りんごとなし~first 10 melodies from~/アップル&ペアーズ 1997

41viDoN9JNL




第46位  FIELD OF VIEW Ⅱ/FIELD OF VIEW 1996

1196100791




第47位  FIELD OF VIEW Ⅲ ~NOW HERE NO WHERE~/FIELD OF VIEW 1998

puffer_57




第48位  HOME TOWN/FLYING KIDS 1995

puffer-428




第49位  5/FANATIC◇CRISIS 2002

D6reZj4VsAA36r0





第50位  YESTERDAY & TODAY/TOKIO 2000

IMG_20200521_030530





第51位  5 AHEAD/TOKIO 2001

IMG_20200521_030652




第52位  A album/KinKi Kids 1997

IMG_20190402_231526


 

第53位  夏唄/Something ELse 2004

IMG_20200521_030829




第54位  forever you/ZARD 1995

IMG_20190402_213154


 

第55位  HOLD ME/ZARD 1992

IMG_20200521_031044




第56位  氷/宇徳敬子 1996

puffer-1




第57位  しあわせのみつけかた/山口由子 1994

41NW7CJB2YL




第58位  Greetings/田嶋里香 1996

IMG_20200521_031652




第59位  evergreen/MY LITTLE LOVER 1995

puffer-136




第60位  Atomic Heart/Mr.Children 1994

tfcc88052




第61位  Versus/Mr.Children 1993

417PS1G7Z1L




第62位  SATTELITE☆S/佐藤聖子 1995

20181016212248




第63位  もうすぐゴング/馬場俊英 1997

IMG_-hiopxf




第64位  AIR/RAG FAIR 2002

51D8C7VW8VL




第65位  LACK OF REASON/L⇔R 1994

41CESYK2EEL




第66位  Cicada/槇原敬之 1999

IMG_20200521_031955




第67位  深愛~Only One~/河村隆一 2001

puffer-180




第68位  B-SOUL/BAAD 1998

IMG_20190402_225942




第69位  Cheer!/MANISH 1996

IMG_20200521_032505




第70位  Time to Destination/Every Little Thing 1998

IMG_xvmfm5




第71位  Missing place/Favorite Blue 1998

IMG_20190402_220256




第72位  Please Mr. Lostman/the pillows 1997

IMG_20190402_202512




第73位  Welcome To Another World/SING LIKE TALKING 1997

puffer-29




第74位  Whoopie Basket/RAZZ MA TAZZ 1995

41LFLHZQWKL-1




第75位  ICE CREAM HAPPY/The LOVE 1997

puffer-235




第76位  PAWKY/CURIO 1999

puffer-464




第77位  MARKET/ザ・カスタネッツ 1998

puffer-406




第78位  a Ragbaby/the OYSTARS 1996

puffer-449




第79位  ホームランデイズ -side B-/プロペラ 1997

41KJ6A4S1NL




第80位  ether/レミオロメン 2005

puffer-401




第81位  Watercolor/オトナモード 2009

puffer-267




第82位  SCREEN~スクリーン~/サザーランド 2005

puffer-452




第83位  ベビスタ/ザ・ベイビースターズ 2003

41ueDAM1+vL




第84位  Heart of Mine/BREATH 2003

puffer-379




第85位  LOVERS CONCERTO/DEEN 2009

_SY400_




第86位  trace/Natural Punch Drunker 2004

31F3FC2VSZL




第87位  GROWIN' DAYS/Bluem of Youth 2002

puffer-301




第88位  PEPPERLAND ORANGE~夏の魔法~/PEPPERLAND ORANGE 1998

IMG_20190402_202046




第89位  フラワーズ/Psycho Babys 1996

51N9SJ777PL




第90位  明日に向かって走れ~月夜の歌~/エレファントカシマシ 1997

IMG_20200124_143558




第91位  POP & DECADENCE/MOON CHILD 1999

images (31)




第92位  Pineapple/松田聖子 1982

IMG_20200521_032609




第93位  初恋~浅き夢みし~/村下孝蔵 1983

IMG_20200521_032650




第94位  僕にできることはないかな/忘れらんねえよ 2017

IMG_20200521_032748




第95位  ラブリー・ラビリンス/不可思議/wonderboy 2011

IMG_20190402_182710




第96位  Some Dreams/イヤホンズ 2018

IMG_20200521_033124




第97位  君は僕の宝物/槇原敬之 1992

41KVYK9G4GL




第98位  野球選手が夢だった。/KAN 1990

puffer-469




第99位  水色時代 キャラクターソング・コレクション Present 1996

IMG_20200521_032528




第100位  WE LOVE ヘキサゴン/ヘキサゴンオールスターズ 2008

puffer-1402



以上です。後日詳細や続編、個別のアルバムレビューなども書き上げてみたいと思います。
これからも様々な音楽との出会いを大切にしていきます。今後ともdeamuさんと当ブログをよろしくお願い致します!


deamu的・勝手にランキング特集(な行)

カテゴリ:
どうも、deamuです。今回はタイトル通り前回の続き、な行です。

今回もアーティスト名の五十音順で、好きなアーティストの好きな曲のランキングに短いコメントを添えて発表していきます。

曲数は1~50の間で好きな曲数に応じて変動とさせて頂きます。




なおと

1 Paradise
2 Growing Up!!
3 High

ナオト・インティライミの旧名義。ナオト時代のファンキーなアルバム曲を更に突き詰めたような路線が印象的。今聴いてもそんなに古くない。でもメインストリームで受けるタイプではないと思う。



ナオト・インティライミ

1 Overflows~言葉にできなくて~
2 恋する季節
3 手紙
4 今のキミを忘れない
5 いつかきっと
6 君に逢いたかった
7 together
8 Hello
9 LIFE
10 夢のありか
11 カーニバる?
12 しあわせになるために
13 Message
14 The World is ours!
15 未来へ
16 タカラモノ~この声がなくなるまで~
17 ありったけのLove Song
18 まんげつの夜
19 ため息インジケーター
20 365

からの再デビュー後。やっぱり良メロが光るシングル曲群が好み。歌詞とメロディーの絡みの良さは2010年代の歌手随一。ただのサイコパスじゃないです。



永井真理子

1 ZUTTO
2 ミラクル・ガール
3 23才
4 自分についた嘘
5 やさしくなりたい

ガールポップ代表格の一人。聴き進めればもっとハマりそう。



中島みゆき

1 時代
2 空と君のあいだに
3 悪女
4 糸
5 わかれうた
6 旅人のうた
7 麦の唄
8 ファイト!
9 ひとり上手
10 ヘッドライト・テールライト

大吟醸こそ「ベストアルバム」だと思っています。



中島愛

1 星間飛行
2 神様のいたずら
3 夏鳥
4 メロディ
5 ありがとう
6 Raspberry Kiss
7 サタデー・ナイト・クエスチョン
8 Hello!
9 あの日の海
10 金色~君を好きになってよかった

優しくやわらかい歌声がバラード曲によく合っています。それでもやっぱりポップな1は奇跡の名曲。



長渕剛

1 乾杯
2 巡恋歌
3 しゃぼん玉
4 しあわせになろうよ
5 とんぼ
6 ひまわり
7 ろくなもんじゃねぇ
8 LICENSE
9 RUN
10 俺らの家まで

彼にしか出せない渋さ。時々聴きたくなります。



中村一義

1 主題歌
2 笑顔
3 そこへゆけ
4 永遠なるもの
5 素晴らしき世界

キャッチーながら他とは一線を画したような音楽性。この人の魅力に本格的にハマるにはもう少しかかりそう。



中村千尋

1 さとうくん
2 カレーライスのうた
3 恋なんてクソッタレ
4 グッバイ
5 ファンファーレ
6 悲しみは記念になる
7 吾輩は猫である
8 友達
9 証
10 最終電車

彼女の中では極めて異色な「カサネテク」がCM起用でバズりましたが…。私は本来のギタ女路線の方が好きです。



中森明菜

1 スローモーション
2 セカンド・ラブ
3 DESIRE -情熱-
4 少女A
5 北ウイング
6 サザン・ウインド
7 1/2の神話
8 飾りじゃないのよ涙は
9 Dear Friend
10 あなたのポートレート

歌唱力とビジュアルにひたすら圧倒される。



中山美穂

1 世界中の誰よりきっと
2 ただ泣きたくなるの
3 You're My Only Shinin' Star
4 遠い街のどこかで…
5 色・ホワイトブレンド
6 JINGI・愛してもらいます
7 愛してるっていわない!
8 幸せになるために
9 「派手!!!」
10 未来へのプレゼント

情景が浮かぶいい声。ドラマチックな曲とは相性◎です。



Natural Punch Drunker

1 トラベラー
2 スタンドバイミー
3 涙のカケラ
4 シンクロナイズ
5 夏のレイル
6 君を忘れたら
7 春のあしおと
8 波音少し…
9 夜汽車
10 出会い

厳ついバンド名とは裏腹に爽やかキャッチーな名曲の宝庫。メンバーは最終的に二人まで減ってしまったようですが、解散したのか、一応存続しているのか、それとも自然消滅なのか…現在の動向が気になるところ。



NUTS

1 風を感じて~my precious time~
2 Orionを目指して
3 夏がまた来るね

あの「お料理行進曲」を作曲、のちにSister MAYOとCyber Nation Networkを結成する平間あきひこが結成した男女ユニット。彼のキャリアの中でも特に直球なポップスを聴くことができます。



七緒香

1 恋は舞い降りた
2 ミネラル
3 命の水
4 街
5 いーんじゃない!!

2ndアルバムが見つからない…。相川七瀬をよりビーイングらしく聴きやすくした感じ。



新山詩織

1 あたしはあたしのままで
2 Snow Smile
3 隣の行方
4 部屋でのはなし。
5 Sweet Road

暗さ一辺倒から抜け出した後期が特に好きでした。またいつか活動してほしいです。



NICO Touches the Walls

1 夏の大三角形
2 手をたたけ
3 かけら~総べての想いたちへ~
4 Mr.ECHO
5 僕は30になるけれど

昨年末の突然の解散は衝撃でした。今はボーカル光村が路上で活動しているようなのでいつか見てみたいです。



西沢サトシ

1 夏風便り
2 スプートニクの恋人
3 東京レター
4 Three, two, one ~暗闇を駆け抜けろ~
5 四つ葉のクローバー

元rough laughボーカルのソロ。RAG FAIRへの提供曲が特に秀逸。ここ最近になってrough laughの方に動きがありますが…活動再開来るか?



西沢幸奏

1 帰還
2 吹雪
3 JUST ONE
4 Meaning
5 LOVE MEN HOLIC

今はEXiNAとして更に激しい音楽性を追求していますが、この名義の頃の方が声の持ち味が活きていたと思います。



西野カナ

1 Believe
2 会いたくて 会いたくて
3 Best Friend
4 GO FOR IT!!
5 Darling
6 君って
7 Always
8 たとえ どんなに…
9 Style.
10 glowly days

好き嫌いというより時代の音楽として聴いていました。「トリセツ」は苦手ですが。



西脇唯

1 7月の雨なら
2 君がいるから..
3 忘れない
4 「二人」に帰ろう
5 あしたも♡ともだち
6 はてしなく青い空を見た
7 Holy Snow
8 思いをはせることだけは自由
9 BLUE ROSES
10 見つめずにはいられない

ガールポップというより、レディースポップ。



NEWS

1 U R not alone
2 weeeek
3 エンドレス・サマー
4 NEWSニッポン
5 希望~Yell~
6 星をめざして
7 さくらガール
8 チェリッシュ
9 TEPPEN
10 恋を知らない君へ
11 「生きろ」
12 フルスイング
13 裸足のシンデレラボーイ
14 SUMMER TIME
15 ヒカリノシズク
16 夢の数だけ愛が生まれる
17 Happy Birthday
18 Fighting Man
19 ONE -for the win-
20 真冬のナガレボシ

4人になって声の判別がつきやすくなった。



乃木坂46

1 サヨナラの意味
2 何度目の青空か?
3 君の名は希望
4 きっかけ
5 遠回りの愛情
6 ロマンスのスタート
7 心の薬
8 ぐるぐるカーテン
9 羽根の記憶
10 ひと夏の長さより…
11 涙がまだ悲しみだった頃
12 制服のマネキン
13 未来の答え
14 ロマンティックいか焼き
15 ないものねだり
16 Tender days
17 僕の思い込み
18 あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
19 走れ!Bicycle
20 太陽ノック
21 指望遠鏡
22 ガールズルール
23 ハルジオンが咲く頃
24 Sing Out!
25 左胸の勇気
26 失いたくないから
27 シャキイズム
28 急斜面
29 裸足でSummer
30 おいでシャンプー
31 ジコチューで行こう!
32 人はなぜ走るのか?
33 そんなバカな…
34 乃木坂の詩
35 シンクロニシティ
36 あらかじめ語られるロマンス
37 インフルエンサー
38 無表情
39 バレッタ
40 悲しみの忘れ方
41 白米様
42 シークレットグラフィティー
43 生まれたままで
44 制服を脱いでサヨナラを…
45 13日の金曜日
46 気づいたら片想い
47 三番目の風
48 夏のFree&Easy
49 でこぴん
50 白い雲に乗って

青春でしたね。



NORTHERN BRIGHT

1 Wildflower
2 Words of Love
3 Icecream Summer
4 My Rising Sun
5 Bright Young Things
6 Midnight Express
7 Brand New Soul
8 Adventure
9 End of the Season
10 Sugar & Spice

乾いたギターが格好いい和製Oasis。



ノースリーブス

1 キリギリス人
2 Bye Bye Bye
3 Relax!
4 君しか
5 青春の木洩れ陽
6 私は私
7 バスストップ
8 微睡み
9 キスの流星
10 ペディキュアday

王道路線に紛れ込んだ1が出色。聴くとスカッとします。



Not Yet

1 Already
2 見えない空はいつでも青い
3 希望の花
4 週末Not Yet
5 僕たちのオフショア
6 西瓜BABY
7 世界の風を僕らは受けて
8 もしも、手を繋いでいたら
9 ペラペラペラオ
10 あれからアールグレイを飲んでいない

支店と坂道が増えすぎてかつての派生ユニットの名曲が忘れ去られないか心配。



No Regret Life

1 Can't Explain
2 Day by day
3 Hello, my friend
4 失くした言葉
5 迫る夕暮れ
6 メロディー
7 ファンファーレ
8 右手の在処
9 憧れの果て
10 レール

このバンドの持ち味はやっぱり小田和奏のハスキーボイス。
一般的に彼の歌声はジョジョの奇妙な冒険の「BLOODY STREAM」や「Fighting Gold」で有名ですが、バンド時代の曲も彼の声が活きた良曲揃いです。



「は行」に続く。

deamu的・勝手にランキング特集(た行)

カテゴリ:
ブログのみの方はお久しぶりです!deamuです。大学に合格したので本日よりブログを再開させて頂きます。今後とも当ブログをよろしくお願いします!



で、今回扱うのは休止前に展開していた勝手にランキングシリーズの続きです。

これまでの記事はこちら→あ行か行さ行

ちなみに前回のさ行が昨年9月初頭。仕方ないとはいえめちゃめちゃ放置していました…。時間の経過が早すぎて最早老いすら感じる今日この頃…。

この企画、中途半端に終わらせたくはないので続けます。同じく休止前に展開した笠原弘子さんの楽曲コンプ企画もちゃんと続けますよ…多分。

今回もアーティスト名の五十音順で、好きなアーティストの好きな曲のランキングに短いコメントを添えて発表していきます。

曲数は1~50の間で好きな曲数に応じて変動とさせて頂きます。



ダイスケ

1 あなたにしかできないこと
2 夏めく坂道
3 Moshimo
4 スケッチブック
5 ボク☆ロケット
6 晴れ空のマーチ
7 ドレミ
8 愛は散って ライライラライラ
9 いつだって。
10 せかいにひとつのフタリ
11 ホリディ
12 birthday
13 初恋
14 HAPPY
15 フレンズ
16 スノウドーム
17 クリスマスチキン feat.近藤晃央
18 あいわな
19 コスモグライダー
20 なんて

昨年DEENのアルバムにギターのみでゲスト参加していましたが、どうせなら歌ってほしかった。一度聴いたら忘れられない人懐っこい歌声の持ち主。



太陽の塔

1 太陽が昇ったら…
2 二人なら
3 慣れてきた

芸術作品ではありません。バンドです。
ブルージーな中に時折見せるポップな楽曲が最高。



高野寛

1 ベステンダンク
2 虹の都へ
3 BLUE PERIOD
4 カレンダー
5 See You Again

ひねくれポップスの名手。もうちょっと深掘りしたい。



高橋ひろ

1 アンバランスなKissをして
2 くちびるがほどけない
3 太陽がまた輝くとき
4 いつも上機嫌
5 しあわせのパイロット
6 君じゃなけりゃ意味ないね
7 イリュージョン
8 タンブリングマン
9 ともしび
10 にじんで見えない

天才に早世は付き物なのかなーと、彼の曲を聴くと思ってしまいます。



高橋優

1 駱駝
2 素晴らしき日常
3 福笑い
4 BEAUTIFUL
5 こどものうた
6 靴紐
7 明日はきっといい日になる
8 卒業
9 虹
10 現実という名の怪物と戦う者たち

以前は近年の曲にも初期のようなパンチを求めていましたが、この変化も成長なのだと思うとすんなり聴けるようになりました。



高橋由美子

1 yell
2 友達でいいから
3 3年過ぎた頃には
4 Good Love
5 はじまりはいま
6 Step by Step
7 だいすき
8 見つめていたい
9 負けてもいいよ
10 いつか逢おうね

陽気でかわいらしい曲が多い分、3のような曲で見せる妖艶さにドキッとさせられる。



竹井詩織里

1 世界 止めて
2 つながり
3 君に恋してる
4 桜色
5 風のようなメロディー

儚く、優しい、風のような歌声。



田嶋里香

1 My Friend
2 忘れないでね
3 I Wish~これからもずっと~
4 会いたくて会いたくて~Voice of Moon~
5 ねえ!
6 潮風の休日
7 大好き
8 粉雪
9 きっと明日は
10 銀色の空

声の上品さは他の追随を許さない程。余談ですがYouTubeにアップされていた近影が全く老けておらず驚きました。25年ほど経っているはずなのに…。



タッキー&翼

1 山手線内回り~愛の迷路~
2 未来航海
3 One Day, One Dream
4 夢物語
5 Ho!サマー
6 恋詩-コイウタ-
7 僕のそばには星がある
8 Venus
9 Journey Journey~ボクラノミライ~
10 卒業~さよならは明日のために~

1は初めて聴いたとき度肝を抜かれた。



ダニーバグ

1 退屈ハイウェイ
2 雨の日の少年
3 my list
4 明日がやってくる
5 ぼくらのゲーム 

彗星の如く現れた歌モノロックの新星。ブログにも書いたようにどの曲も衝撃でした。



谷村有美

1 愛は元気です。
2 ときめきをBelieve
3 いちばん大好きだった
4 21世紀の恋人
5 元気だしてよ
6 がんばれブロークン・ハート
7 今が好き
8 最後のKISS
9 信じるものに救われる
10 明日の恋に投げKISS

ガールポップの入口。



DA PUMP

1 U.S.A.
2 if…
3 P.A.R.T.Y.~ユニバース・フェスティバル~
4 Rapsody in Blue
5 Feelin' Good -It's PARADISE-
6 ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~
7 CORAZON
8 Love Is The Final Liberty
9 桜
10 Purple The Orion

Every Body👨‍👩‍👧‍👧👩‍👩‍👧‍👦👩‍👧‍👧👨‍👧‍👦 シャッフル🔀しよう世代👶🔀👵連鎖⛓するスマイル🙂➡️😃➡️😂Let’s Party 👯‍♀️🕺🏻👯‍♂️エンジョイ🎉しなきゃもったいない🤷‍♂️だって人生は1回☝️1️⃣🔚レインボー🌈は空だけじゃない胸にも架かるぜ🌈💖🌈🙆‍♂️どんなミラクル🧞‍♂️🧜‍♂️🧚‍♀️💹📈💵💰も起き放題👍ユニバース・フェスティバル🎉💃🛸



玉置浩二

1 田園
2 メロディー
3 MR. LONELY
4 JUNK LAND
5 悲しみよこんにちは

ガチの発声×表現力オバケ=本物



たむらぱん

1 ゼロ
2 ちゃりんこ
3 バンブー
4 お前ぶただな~送らぬ手紙~
5 ジェットコースター
6 ラフ
7 ちょうどいいとこにいたい
8 ハレーション
9 どんだけ待つのよ
10 しんぱい

「Fit's」のCMを歌っていたあの人。独特な世界観が効いていますがメロディーはとことんキャッチー。



チェキッ娘

1 はじまり
2 ありがとう
3 海へ行こう~Love Beach Love~
4 抱きしめて
5 最初のキモチ
6 チェキッ娘音頭
7 大好きな恋
8 ちぇきっこちぇりぃどーる
9 ドタバタギャグの日曜日
10 デイドリーム

活動期間はわずか1年。その間に残された珠玉の名曲たち。解散から20年経った今なおアイドル史上最強のコーラス隊だと思います。



チェッカーズ

1 Friends and Dream
2 Cherie
3 素直にI'm Sorry
4 I Love you, SAYONARA
5 ギザギザハートの子守唄
6 涙のリクエスト
7 Jim&Janeの伝説
8 ミセスマーメイド
9 NANA
10 夜明けのブレス

自作初期が特に好きです。その中でも鶴久曲は名曲の宝庫。



CHERRY LYDER

1 キリンの首より長くなる。
2 NAMUKINガール
3 バイバイさよなら、ぐるぐるこんにちは

バンドみたいな名前だけど女性ソロシンガー。シングルたった2枚で強烈なインパクトを残し去っていきました。



Changin' My Life

1 Myself
2 クリスマスにくちづけを
3 Love Chronicle
4 Confession
5 Star Dust

00年代シンセユニットの一つ。粒揃いです。



CHAGE and ASKA

1 not at all
2 太陽と埃の中で
3 SAY YES
4 LOVE SONG
5 YAH YAH YAH
6 男と女
7 On Your Mark
8 ロケットの樹の下で
9 恋人はワイン色
10 You are free
11 天気予報の恋人
12 PRIDE
13 Trip
14 if
15 モーニングムーン
16 WALK
17 Man and Woman
18 夢の飛礫
19 僕はこの瞳で嘘をつく
20 SAILOR MAN
21 黄昏を待たずに
22 ラプソディ
23 HEART
24 no no darlin'
25 この愛のために
26 群れ
27 なぜに君は帰らない
28 万里の河
29 ひとり咲き
30 オンリーロンリー

1は後期試験期間に聴きまくった曲。ASKA逮捕から聴き始めていつか生で見たいと思っていただけに昨年の一件はショックでした。



チャーミースマイル&グリーンヘッド

1 yesterdays
2 プレッピースクール ボーイ
3 Growin' Up
4 ボクたちの旅
5 パラシュート☆
6 ヒステリック
7 少年
8 秋桜
9 パッと散るのも恋のうち
10 スキヤキたべよう

ボーカル井手功二が担当していたラジオ「ゲルゲットショッキングセンター」発の二人組。同ラジオの世代ではないですが、それでもこの曲たちはまさに「青春」。



TUBE

1 きっと どこかで
2 夏を抱きしめて
3 Melodies & Memories
4 青いメロディー
5 Only You 君と夏の日を
6 Stories
7 SUMMER DREAM
8 Remember Me
9 ゆずれない夏
10 ガラスのメモリーズ
11 夏を待ちきれなくて
12 湘南 My Love
13 あー夏休み
14 さよならイエスタデイ
15 空と海があるように
16 Beach Time
17 蛍
18 ひまわり
19 シーズン・イン・ザ・サン
20 灯台
21 SUMMER CITY
22 あの夏を探して
22 夏だね
24 A Day In The Summer~想い出は笑顔のまま~
25 恋してムーチョ
26 僕達だけのSummer Days
27 IN MY DREAM
28 夏よ走れ
29 -花火-
30 N・A・T・S・U

今年の夏はオリジナルも聴き込むんだ…ッ!



チューリップ

1 ぼくがつくった愛のうた(いとしのEmily)
2 心の旅
3 青春の影
4 サボテンの花
5 hope
6 Sweet Memory
7 夏色のおもいで
8 夢中さ君に
9 虹とスニーカーの頃
10 この愛は忘れていいよ

語り継がれるだけのことはある。詞もメロディーも美しいうた達。



辻詩音

1 Sky chord~大人になる君へ~
2 ゆこう
3 M/elody
4 ハローグッバイ
5 卒業のうた
6 愛がほしいよ
7 花火があがったら
8 Candy kicks
9 ほしいもの
10 カラフル

この人に関しては声のクセがハマるか否かの分かれ目だと思う。




1 小さくても世界は回ってる
2 夏の魔物
3 ソウルメイト今夜

メジャー時代は全員アフロが特徴だったスリーピースバンド。聴き込めばもっとハマりそう。



Dear

1 Pure~この空の下で
2 Melody
3 childish
4 最高の夜を
5 Worldwide Love -愛こそすべて-
6 scene
7 涙 きえるまで
8 Shine
9 空想の日曜日
10 情熱の愛しき日々

THE COOL CHIC CHILD同様とびきりポップなV系バンド。



TRF

1 寒い夜だから…
2 BOY MEETS GIRL
3 EZ DO DANCE
4 CRAZY GONNA CRAZY
5 survival dAnce~no no cry more~
6 BRAND NEW TOMORROW
7 Overnight Sensation~時代はあなたに委ねてる~
8 masquerade
9 TRUTH'94
10 KOOL LOVERS SENTIMENTAL

思いっきりヒット期に集中してしまいました。とにかくこの頃のTRFは耳に残る。



D&D

1 IN YOUR EYES
2 SUNSHINE HERO
3 LOVE IS A MELODY
4 ARE YOU READY
5 REMEMBERING YESTERDAY

OLIVIAの圧倒的歌唱力とユーロビートの相性が本当に良い。特に1はほぼ全編英語詞で圧巻。



TM NETWORK

1 STILL LOVE HER(失われた風景)
2 一途な恋
3 SEVEN DAYS WAR
4 Get Wild
5 RESISTANCE
6 BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて)
7 YOUR SONG
8 LOVE TRAIN
9 WILD HEAVEN
10 WE LOVE THE EARTH

TKの全盛期80年代説を支持しています。ギラギラ感がたまらない。



T.M.Revolution

1 WHITE BREATH
2 HOT LIMIT
3 HIGH PRESSURE
4 MinD ESCAPE
5 INVOKE -インヴォーク-
6 魔弾~Der Freischutz~
7 Burnin' X'mas
8 THUNDERBIRD
9 HEART OF SOWRD~夜明け前~
10 夢の雫

一回聴いただけで凄まじく耳に残るのが浅倉サウンドの魅力。そしてそれにピッタリ合った貴教の声。無敵である。



D.W.ニコルズ

1 春風
2 春うらら
3 ありがとう

みんなで歌って楽しめる3曲。



T-BOLAN

1 Bye For Now
2 マリア
3 すれ違いの純情
4 離したくはない
5 LOVE
6 悲しみが痛いよ
7 刹那さを消せやしない
8 遠い恋のリフレイン
9 愛のために 愛の中で
10 Be Myself
11 SHAKE IT
12 Heart Of Gold
13 じれったい愛
14 No.1 Girl
15 サヨナラから始めよう
16 Smile
17 満月の夜
18 ずっと君を
19 わがままに抱き合えたなら
20 おさえきれない この気持ち

アツい。



DEEN

1 MY LOVE
2 このまま君だけを奪い去りたい
3 瞳そらさないで
4 Blue eyes
5 夢であるように
6 ひとりじゃない
7 君がいない夏
8 Teenage dream
9 LOVE FOREVER
10 君のいないHoliday
11 素顔で笑っていたい
12 翼を広げて
13 蒼い戦士たち
14 JUST ONE
15 少年
16 未来のために
17 君さえいれば
18 もう泣かないで
19 日曜日
20 君の心に帰りたい
21 いつか僕の腕の中で
22 眠ったままの情熱
23 love me
24 ユートピアは見えてるのに
25 永遠の明日
26 永遠をあずけてくれ
27 SUNSHINE ON SUMMER TIME
28 Birthday eve~誰よりも早い愛の歌~
29 愛しい人
30 夏の雨
31 起き上がれよBOY
32 手ごたえのない愛
33 愛の鐘が世界に響きますように… with 亀淵友香 & The Voices of Japan
34 Celebrate 
35 君が僕を忘れないように 僕が君をおぼえている
36 Glory Day feat.イトウシュンゴ
37 遠い遠い未来へ
38 Smile Blue feat.押尾コータロー
39 Negai feat.ミズノマリ from paris match
40 ずっと伝えたかった I love you
41 Brand New Wing
42 翼を風に乗せて~fly away~
43 千回恋心!
44 Oh My Friend
45 magic
46 さよなら
47 果てない世界へ
48 レールのない空へ
49 Dear Friend
50 広い世界で君と出逢った

今後どれだけ好きな歌手が増えても私の中での彼らの地位が揺るぐことはないでしょう。25年以上のキャリアで多様な音楽性にチャレンジしながらも本来のポップ性は全く失われていないのが凄い。レジェンドです。



Terry&Francisco

1 線香花火
2 追憶のパラソル
3 青いペガサス
4 ためいきの銀河
5 ウィンタークラシック
6 サマークラシック
7 大通り、君を思う
8 摩天楼
9 乱気流
10 まだ見ぬ町へ

ラップ全盛の00年代J-POPシーンにひっそりと放たれたオールドタイプのポップス達。再発もされていよいよ再評価来るか?



東京Qチャンネル

1 素直なままで恋をしようよ
2 「いつか」は今日だった
3 恋はVITALITY
4 Say! Happy Birthday
5 遊びに行こう!
6 Radio Heart Beat
7 寿・結婚行進曲
8 Hold
9 close[klous]
10 Bran-new day

須藤まゆみ、割田康彦から成る男女二人組。ここには入れませんでしたが、アルバム「SandWich」で度々挟まれる小芝居が面白いです。



堂島孝平

1 Remember
2 フライハイ
3 めぐり逢えたら
4 ロンサムパレード
5 忘れないでいるから
6 哀しみにさようなら
7 ずっと僕達は
8 葛飾ラプソディー
9 世界は僕のもの
10 マイライフ

今ではKinKi Kidsの楽曲制作やその他提供で名を馳せていますが、シンガーとしての楽曲も光りまくってます。特に20代前半の作品は天才的。もっと評価されるべき。



TWO of US

1 エール
2 Wish
3 そらの果て 恋の果て
4 サヨナラ in the Rain
5 Merry Christmas
6 Maybe Love
7 Brand-new Winter 〜ヴァージン・スノウを探しに行こう〜
8 5年ぶりの恋人
9 胸いっぱいの夏
10 素晴らしき人生

今は大所帯のバンドだそうですが、ここに載せた楽曲は全てデュオ時代のもの。勝手に平成のH2Oだと思っています。



To Be Continued

1 君だけを見ていた
2 TRUTH
3 うまく言えないけど
4 抱きしめるたび
5 君がいたから
6 I Feel
7 悲しみを知った
8 I WILL~風に向かって~
9 息詰まっちゃうよ
10 激しく流れゆく時代の狭間で

リリース順に聴いてみると岡田浩暉のボーカリストとしての成長がよくわかります。今や立派な俳優で歌声もミュージカル系ですが…もう一度活動してほしいグループの一つ。



TOKIO

1 Yesterday's
2 リリック
3 AMBITIOUS JAPAN!
4 忘れえぬ君へ…
5 花唄
6 Julia
7 宙船
8 KIBOU
9 LOVE YOU ONLY
10 手紙
11 クモ
12 風になって
13 Ding-Dong
14 DR
15 カンパイ!!
16 君を想うとき
17 Love&Peace
18 みんなでワーッハッハ!
19 うわさのキッス
20 Mr.Travelling Man
21 ハートを磨くっきゃない
22 GREEN
23 advance
24 フラれて元気
25 雨傘
26 見上げた流星
27 I'm Mine
28 ありがとう…勇気
29 Zettai!
30 どいつもこいつも
31 Baby Blue
32 Everybody Can Do!
33 SoKoナシLOVE
34 自分のために
35 PLUS
36 T2
37 愛の嵐
38 メッセージ
39 明日をめざして!
40 Get Your Dream
41 EMBLEM
42 fragile
43 ホントんとこ
44 東京ドライブ
45 LOVE HOLIDAY.
46 Future
47 明日の君を守りたい~YAMATO2520~
48 -遥か-
49 Dash for the Dream
50 19時のニュース

彼らのエネルギッシュな音楽に何度救われただろうか。またいつか音楽活動している姿を見たいです。



徳永英明

1 レイニー ブルー
2 夢を信じて
3 最後の言い訳
4 壊れかけのRadio
5 風のエオリア
6 輝きながら…
7 感じるままに
8 ペンダント
9 LOVE IS ALL
10 夏のラジオ

「ラジオ」は初期の隠れた名盤。



徳山秀典

1 卒業
2 Lover's Kitchin
3 STILL TIME
4 BLUE
5 Happy Birthday

決して上手くはないが、黒沢健一では表現できない世界観をサラッと歌い上げてしまうすごいボーカリスト、それが徳山秀典。



戸松遥

1 ユメセカイ
2 Q&A リサイタル!
3 明日色ひまわり
4 シンデレラ☆シンフォニー
5 恋ヲウチヌケ
6 ヒカリギフト
7 渚のSHOOTING STAR
8 Oh My God♡
9 motto☆派手にね!
10 TRY & JOY

曲を通して「声優ってすげえ!」と感じた最初の人。



Dragon Ash

1 Grateful Days
2 Viva la revolution
3 陽はまたのぼりくりかえす
4 さらば青春
5 Under Age's Song
6 Let yourself go, Let myself go
7 静かな日々の階段を
8 Generation Mind
9 Invitation
10 百合の咲く場所で

好みの真ん中を往くタイプではないけれども不思議な魅力がある。



TrySail

1 Youthful Dreamer
2 adrenaline!!!
3 TryAgain
4 azure
5 Truth.
6 whiz
7 Make Me Happy?
8 またね、
9 WANTED GIRL
10 Sail Out

三者三様の歌声が混ざり合うとこの上なく気持ちいい。グループの感想としてはわちゃわちゃ感が最高。この三人にはいつまでも楽しく活動していてほしいです。



TRIPLANE

1 夏が終われば
2 Dear friends
3 モノローグ
4 白い花
5 サクラのキセツ
6 君ドロップス
7 ココロハコブ
8 美幌のうた
9 冬の街
10 明日晴れたら

いやーめちゃめちゃ似てる。これぞ日本のMr.Children。でも、今のミスチルには無いピュアな人懐っこさを彼らは今も持ち続けています。



AAA

1 虹
2 Climax Jump
3 涙のない世界
4 ハリケーン・リリ、ボストン・マリ
5 さよならの前に
6 Shalala キボウの歌
7 777~We can sing a song!~
8 Get チュー!
9 MAGIC
10 CALL
11 風に薫る夏の記憶
12 Winter lander!!
13 負けない心
14 逢いたい理由
15 Love
16 Love Is In The Air
17 MUSIC!!!
18 ハレルヤ
19 BLOOD on FIRE
20 旅ダチノウタ

ここ数年でまあいろいろありましたが…今でもなんやかんや好きな曲は多いです。



DREAMS COME TRUE

1 何度でも
2 うれしい!たのしい!大好き!
3 大阪LOVER
4 晴れたらいいね
5 雪のクリスマス
6 AGAIN
7 笑顔の行方
8 決戦は金曜日
9 サンキュ.
10 未来予想図Ⅱ

やっぱり代表曲尽くしになってしまった。私より母が好きなイメージ。



「な行」へ続く。

サブスクで配信されている隠れ名盤特集 Part1

カテゴリ:
どうもdeamuです。

最近音楽業界を賑わせているのがサブスクリプション、通称サブスク
音楽においては、一月毎に一定の額を支払うことで配信されている楽曲・アルバムが聴き放題になります。サービスの一例としてはSpotify、Apple Music、LINE MUSIC、AWA、amazon musicなど。

日本においては元々は参加アーティストが少なかったのですが、ここ1、2年でMr.Children、スピッツ、松任谷由実、小田和正、L'Arc~en~Ciel、嵐、buck number、星野源、サザンオールスターズなどの大物アーティストが続々参入し話題を集めています。

好きなアーティストのどんな曲でもまとめて聴けたり、新曲を大量にチェックしたり、新たな歌手を開拓したり…サブスクの登場によって、従来のレンタルや中古購入ではなかなかできない音楽の聴き方が容易にできるようになりました。

そんなサブスクにも個人的には大きな欠点があります。それが…


売れなかった過去の歌手には相変わらずスポット当たらない!


これです。ナウで駆け出し中、売り出し中のアーティストをサブスク使って漁りまくっている人はネット上でも多く見かける上に、そういう歌手はメディアで陽の目を見るチャンスだってあるのに、売れないまま既に解散した歌手をサブスクで漁っている人ってあまり見かけない気がするんですよね(漁っとるわアホウって人ごめんなさい)。

この状況では先人たちがあまりにも不憫なので…今回は完全に主観で過去の歌手の隠れた名盤にスポットを当てて再評価して参りたいと思います。

対象とする条件は以下の通り。

①CDでミリオンを売った曲・アルバムが0
②アーティストお気に入り登録数が1,000以下
③該当アルバムのお気に入り登録数が1,000以下
④既に一度は解散・活動休止・引退・インディーズに戻る、のいずれかを経験している

私はLINE MUSICを利用しているのでそちらを参考にします。上記4つの条件に当てはまる個人的名盤を紹介して参ります。今回は1990年代から3枚。90年代というとCDが売れに売れた時期ですが…隠れ名盤、たくさんあります。




MOON CHILD「POP AND DECADENCE」(1999)

images (31)

当時のポストミ○チル最右翼が解散間際にドロップしたド変態アルバム

MOON CHILDといえば'97年に「ESCAPE」をヒットさせた4人組バンド。同曲同年発売のは2nd「MY LITTLE RED BOOK」に収録されいるが、こちらは'99年1月発売の3rdアルバム。発売翌日に解散を発表、同年内に解散している。

ESCAPEや以降2シングルの「ポストミ○チル」とも目されたストレートなポップ性から一転、バンドとしての触れ幅の大きさ、多彩さを見事に発揮した一枚

吹っ切れたのだろうか?ストレートな曲こそ減ってしまったものの、演奏の巧みさ、楽曲としての美しさは格段に上がっている。特に「requiem for the man of nomad」の演奏の躍動感、「グロリア」の癖になるリズム。この辺りはたまらない。
全体として過去作以上に癖の強さを感じるため聴く側にもそれなりの覚悟がいる一作だが、その変態じみた魅力に一度取り憑かれたら…あなたはもう帰ってこられないだろう

「ESCAPE」から解き放たれた、良い意味で自由奔放な名盤だ。
15曲の長い旅の果て、名曲「STAR TOURS」に辿り着くと見える不思議な景色をあなたも一度、ぜひ。

POP&DECADENCE
MOON CHILD
1999-01-27



POP & DECADENCE
2012-08-03





ザ・カスタネッツ「MARKET」(1998)

puffer-406

素朴ながら心に強く訴えかけてくる、歌声、演奏、リリックの魅力

'95年デビューの4人組バンド。アンティノスレコーズということでレーベルメイトにはT.M.Revolution西川がいる。現在はインディーズで活動中。

私が今までチェックしてきた中でこのバンド以上に技術だけで評価してはならないバンドは存在しないと断言できる。私自身が他者を技術で評価できるほどなのかは別問題だが…。いずれにせよ、このバンドは歌声、演奏どちらも上手いか下手かを超越する魅力に溢れている。

Vo.牧野の暖かさ、優しさ、切なさ、寂しさ…そんな感情を全て詰め込んだような歌声は天下一品。昨今カラオケ的な歌うまが持て囃される風潮を感じるが、そんなものを簡単に吹き飛ばしてしまうのではないか?と思えるくらい、人の心に真っ直ぐに響いてくるであろう、心からの歌声なのだ。

あまり派手に着飾らない素朴な演奏が、メロディーの良さをより引き出している。そこに上記のような牧野の歌声が合わさると、もう鬼に金棒。

牧野は情景が浮かぶソングライティングも天才的。メロディーに自然に当てはまっている上に詩的だから美しい。英語を使わずに日本語一本で勝負している点も尊敬したい。

テクニックだけが音楽じゃない。テクニックを貶す気など毛頭ないが、本当に凄い音楽というものはどれだけ素朴でも心に強く訴えかけてくるのものなのではないだろうか。あるいは、技術的なことをしていても"テクニック"という形で現れないのかもしれない。カスタネッツを聴くと、いつもそう感じるのだ。

アルバムの話題から逸れてしまったが、このアルバムのMVPはド頭の「ムーンパレス」。春の初め、一人暮らしを始めた男の様を文学的に描き、歌っている。これからの季節にピッタリの傑作だ。
7曲入りのミニアルバムだが、捨て曲はゼロ。初めて聴いたあの日から、最初から最後まで何度も何度も聴いてしまう…素朴ながら強いパワーを秘めたアルバムである。


このアルバムのサブスク解禁はソニーの「DISCOVER the 90's」という配信対象の企画で行われた。ザ・カスタネッツは第2弾アーティスト。現在までに第4弾まで展開されている。こちらも要チェックだ。

discover90s_logo

MARKET
ザ・カスタネッツ
1998-05-20


MARKET
2019-10-25



相馬裕子「愛が教えてくれたもの」(1994)

IMG_20190402_224103

美しい旋律と可愛らしく丁寧な歌声が、「普通」を褒め言葉に変える

'91年デビューの女性歌手。1990年代、密かにファンを付けていた「ガールポップ」ムーブメントの中の一人。'96年に「星に願いを」を小ヒットさせているが、本作はそれより前の'94年発売のアルバム。現在は公式サイトこそ残っているが音楽活動自体はほぼ停止状態だ。

普遍的な良曲が大量生産されたガールポップムーブメントの中でも、彼女の曲は一際「普通」。とびきり元気!というタイプではないし、暗さや強さを打ち出し独特な個性をアピールするタイプでもない。

しかし、美しいメロディーライン、普遍的ながらよく練られているアレンジ、そして相馬自身の可憐さを含んだ丁寧な歌声が見事に合致して、輝きを放っている。Aメロ、Bメロ、サビの展開がきっちりとしていながら陳腐に感じない点がまた、ポップ畑の人間としてはたまらないのだ。「普通」という言葉も、彼女の作品の前では褒め言葉に一変してしまう。聴いているうちに、控え目ながら確かに持っている輝きにどんどん惹かれていく名盤だ。

愛が教えてくれたもの
相馬裕子
1994-04-01



今回の隠れた名盤紹介は以上です。気になった作品はございましたか?今回紹介したアルバムは大半のサブスクリプションで配信されているはずなので、ぜひ一度聴いてみてください。既に知っていたという方も、この機会にもう一度聴き直してみてはいかがでしょうか。

この企画はまだまだ続きます。次回をお楽しみに!





J-POPソングマイベスト100(令和元年大改訂版)

カテゴリ:
ちょっと前に作ったマイベスト100の出来に納得がいってなかったので作り直してみました。

1 LIFE/FANATIC◇CRISIS
2 Yesterday's/TOKIO
3 君がいたから/FIELD OF VIEW
4 世界に一つだけの花/SMAP
5 どんなときも。/槇原敬之
6 愛は勝つ/KAN
7 初恋/村下孝蔵
8 時代/中島みゆき
9 なごり雪/イルカ
10 もう恋なんてしない/槇原敬之
11 勇気100%/光GENJI
12 想い出がいっぱい/H2O
13 7[SEVEN]/FANATIC◇CRISIS
14 二人セゾン/欅坂46
15 レースのカーディガン/坂上香織
16 ロードショーのあのメロディー/馬場俊英
17 制服と太陽/欅坂46
18 Hello, Again~昔からある場所~/MY LITTLE LOVER
19 北風~君に届きますように~/槇原敬之
20 卒業/徳山秀典
21 Reset me/Hysteric Blue
22 駱駝/高橋優
23 太陽のあたる場所/V6
24 Dreamtime/SOON
25 祭りのあと/桑田佳祐
26 ひまわり/大城光恵
27 オレンジ/LADYBUG
28 ロビンソン/スピッツ
29 心を開いて/ZARD
30 HELLO, IT'S ME/L⇔R
31 ふたりで歩けば/山崎あおい
32 君はメロディー/AKB48
33 夕陽を見ているか?/AKB48
34 アドバルーン/服部祐民子
35 STAND/L⇔R
36 First Step/L⇔R
37 雲/L⇔R
38 負けないで/ZARD
39 人生という名の列車/馬場俊英
40 さらば青春/エレファントカシマシ
41 陽だまり/村下孝蔵
42 ラバーズ コンチェルト/RAZZ MA TAZZ
43 Season Train/RAZZ MA TAZZ
44 Tomorrow never knows/Mr.Children
45 とまどいの時を越えて/FLYING KIDS
46 君はレースの途中のランナー/馬場俊英
47 はじまりはいつも雨/ASKA
48 いつまでも変わらぬ愛を/織田哲郎
49 トラベラー/Natural Punch Drunker
50 here./SHAME
51 yesterdays/チャーミースマイル&グリーンヘッド
52 僕は僕らを忘れない/THE COOL CHIC CHILD
53 ひこうき雲/AKB48
54 TOMORROW/岡本真夜
55 悲しみよこんにちは/斉藤由貴
56 空と君のあいだに/中島みゆき
57 世界中の誰よりきっと/中山美穂&WANDS
58 何度目の青空か?/乃木坂46
59 SAY YES/CHAGE&ASKA
60 名もなき詩/Mr.Children
61 マイ フレンド/ZARD
62 サヨナラの意味/乃木坂46
63 終わりなき旅/Mr.Children
64 突然/FIELD OF VIEW
65 BELOVED/GLAY
66 空も飛べるはず/スピッツ
67 see you, see me/CURIO
68 こころはタマゴ/影山ヒロノブ
69 Clover~風立ちぬ場所を抜けて~/THE COOL CHIC CHILD
70 気のせいかな/風雅なおと
71 If/Bluem of Youth
72 夕立~sound of the memory~/Bluem of Youth
73 MY LOVE/DEEN
74 風になって/オトナモード
75 Over Drive/JUDY AND MARY
76 One more time, One more chance/山崎まさよし
77 きっかけ/乃木坂46
78 THINK OF MYSELF/FIELD OF VIEW
79 innocent world/Mr.Children
80 錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう/WANDS
81 もっと遠くへ/レミオロメン
82 真夏の果実/サザンオールスターズ
83 Over/Mr.Children
84 アネモネ/MOON CHILD
85 アクセル/飯塚雅弓
86 僕らの制服クリスマス/=LOVE
87 マリーゴールド/あいみょん
88 ちゃりんこ/たむらぱん
89 ラストチャンス/Something ELse
90 secret base~君がくれたもの~/ZONE
91 LOVE SONG/CHAGE&ASKA
92 Teenage dream/DEEN
93 僕にできること/HOW MERRY MARRY
94 Silent movie/サザーランド
95 君は僕の勇気/東野純直
96 あなたは知らない/近藤名奈
97 初恋に捧ぐ歌/磯貝サイモン
98 LILAC/RAZZ MA TAZZ
99 One-piece/ザ・カスタネッツ
100 ZEROからはじめるストーリー/ワカバ

このページのトップヘ

見出し画像
×