カテゴリ

カテゴリ:歌手別

FIELD OF VIEW「めぐる季節を越えて」サラッとレビュー【FIELD OF VIEW 25周年記念全シングルレビュー】

カテゴリ:
FIELD OF VIEW「めぐる季節を越えて」(1998)

めぐる季節を越えて
FIELD OF VIEW
1998-07-29



フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」エンディングテーマ。9枚目にしてシングル曲としては初の完全自作曲となった。ただし安部はいない。



バンド・FOVのターニングポイント

FIELD OF VIEWと聴いてすぐ思い浮かぶ曲といえば「突然」や「DAN DAN 心魅かれてく」だろう。この2曲を筆頭にFOVの有名曲はZARDの坂井泉水と織田哲郎のコンビや小松未歩によるものが多く、キーボードを主体としたポップナンバーが中心である。

しかし自作のこの曲は一味違う。これまで以上にメンバー4人の音を追求したロックナンバーである。キーボードよりもギターとドラムを強調させた、当時のFOVとしては斬新な楽曲だ。
とはいえ従来のポップ性は弱まるどころかますますパワーアップ。ぐんぐんと前に進んでいくようなメロディーと高音が映えるキャッチーなサビではバンドとしての一体感が見える。まさに会心の一曲となった。
一般知名度こそ低いが、FIELD OF VIEWを語るには欠かせない一曲だろう。

これ以降FOVは自作曲に力を入れ始め、それまでは制作に参加してこなかった浅岡以外のメンバー3人もグッドメロディーを次々と書き上げてゆく。こうして名盤「FIELD OF VIEW Ⅲ~NOW HERE NO WHERE~」へと向かっていくのだった。



・楽曲情報

FIELD OF VIEW「めぐる季節を越えて」

作詞・作曲:浅岡雄也
編曲:FIELD OF VIEW、池田大介


・アルバム収録

FIELD OF VIEWとして国内リリースされたアルバムのみ記載

FIELD OF VIEW Ⅲ ~NOW HERE NO WHERE~ (1998)
FIELD OF VIEW BEST ~fifteen colours~ (2001)
Memorial BEST ~Gift of Melodies~ (2002)


・FOV25周年記念公式イベント情報

↑25周年記念でベスト盤発売&ライブやります(ライブは延期になりました)


・25周年記念ベストアルバム『FIELD OF VIEW 25th Anniversary Extra Rare Best 2020』2020年5月13日発売!


↑未発表曲・未発表バージョン・アルバム未収録曲・未発表映像もふんだんに盛り込んだ超豪華盤!


・FIELD OF VIEW 25周年記念全シングルレビュー

前作はこちら↓

次作はこちら↓
※執筆次第掲載


FIELD OF VIEW「渇いた叫び」サラッとレビュー【FIELD OF VIEW 25周年記念全シングルレビュー】

カテゴリ:
どうもdeamuです。
前回の「この街で君と暮らしたい」からひと月空いてしまいましたが…FIELD OF VIEW25周年記念日までもうすぐということでここからは一気に書き上げていきます!(お前のやる気の問題だろーがdeamuよ)



FIELD OF VIEW「渇いた叫び」(1998)

渇いた叫び
FIELD OF VIEW
1998-05-20



ビーイングが日本コロムビアに立ち上げた新レーベルBeat reCに移籍後初のシングル。アニメ「遊☆戯☆王(東映版)」のOPテーマに起用された。前作に引き続き作詞作曲は小松未歩。きっと安部は来ない。




小松未歩×タイアップの強さ

※前回以上に提供側の話です。FOVの話は次回作以降たっぷりやります…

小松未歩…彼女の魅力の一つが作詞技術だ。タイアップ先に合わせた"雰囲気作り"がとにかく上手い。


例えば彼女の代表曲「謎」。

この曲は「名探偵コナン」の主題歌に起用されたが、全体を見渡すとどう見てもラブソングである。

しかしタイトルとサビのワンフレーズ「謎が解けてゆく」があまりに印象に残るため、探偵モノアニメのテーマソングとしても違和感なく聴けてしまう。


この手法は本作でも発揮されている。
今回のタイアップは「遊戯王」。大筋は応援歌に見えるが…
闇がもう一人の自分を作る
この部分は「遊戯王」の主人公・武藤遊戯に宿ったもう一つの人格(闇遊戯)を示唆しているほか、
駆け引きがカギ 届け fly at higher game
この部分は闇遊戯が仕掛ける「闇のゲーム」を思い浮かべることができる。


このように、タイアップ先のキーワードを散りばめて、J-POPの一曲とタイアップソング、どちらとして聴いても違和感なく成立させてしまうところが小松の凄さだ。

同時に、それが「謎」「渇いた叫び」のどちらもリリースから20年以上が経った今なお双方のファンから愛され続けている理由でもあるだろう。


小松未歩さん。今はどこで何をしているのか見当もつかないが、「アニソン」が一つのジャンルとして認められつつある今日の日本において、「J-POP」と「アニソン」の橋渡し役としての復活を願うばかりである。




・楽曲情報

FIELD OF VIEW「渇いた叫び」

作詞・作曲:小松未歩
編曲:小澤正澄


・アルバム収録

FIELD OF VIEWとして国内リリースされたアルバムのみ記載

FIELD OF VIEW Ⅲ ~NOW HERE NO WHERE~ (1998)
FIELD OF VIEW BEST ~fifteen colours~ (2001)
Memorial BEST ~Gift of Melodies~ (2002)
complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio (2003)
FIELD OF VIEW BEST HITS (2013)
FIELD OF VIEW 25th Anniversary Extra Rare Best 2020 (2020)


・FOV25周年記念公式イベント情報

↑25周年記念でベスト盤発売&ライブやります(ライブは延期になりました)


・25周年記念ベストアルバム『FIELD OF VIEW 25th Anniversary Extra Rare Best 2020』2020年5月13日発売!


↑未発表曲・未発表バージョン・アルバム未収録曲・未発表映像もふんだんに盛り込んだ超豪華盤!


・FIELD OF VIEW 25周年記念全シングルレビュー

前作はこちら↓

次作はこちら↓
※執筆次第掲載


佐藤聖子アルバム未収録曲リスト

カテゴリ:
ほぼ自分用です。


Moonlight Wolf (92/01/21)
星降る夜に

Moonlight Wolf
佐藤聖子
1992-01-21



PAIN (92/06/19)
光る空につつまれて

PAIN
佐藤聖子
1992-06-19


Jasmine (93/04/21)
Jasmine(シングルバージョン)
マスカットの空

Jasmine
佐藤聖子
1993-04-21


空にキスをするように (93/11/19)
ロマンス

空にキスをするように
佐藤聖子
1993-11-19


一緒にいよう (94/04/21)
つらいのは…

一緒にいよう
佐藤聖子
1994-04-21


さよならがおしえてくれる (94/09/21)
二度目の夏

VOICE/恋をするなら (95/05/19)
VOICE(シングルバージョン)
恋をするなら(シングルバージョン)

VOICE
佐藤聖子
1995-05-19


愛のメロディー (97/04/23)
愛のメロディー
Rain Blossom

愛のメロディー
佐藤聖子
1997-04-23


Windy (97/11/01)
Windy
Wish (Christmas Mix)

WINDY
佐藤聖子
1997-11-01


Our Song (98/10/21)
Our Song
エメラルド

Our Song
佐藤聖子
1998-10-21


FIELD OF VIEW「この街で君と暮らしたい」サラッとレビュー【FIELD OF VIEW 25周年記念全シングルレビュー】

カテゴリ:
FIELD OF VIEW「この街で君と暮らしたい」(1997)

この街で君と暮らしたい
FIELD OF VIEW
1997-04-23


1997年唯一のシングル。作詞・作曲はデビュー直前の小松未歩。この後ベスト盤をリリースし、翌98年からはビーイングが日本コロムビアに新たに立ち上げたレーベルBeat reCに移籍することとなる。尚も安部は戻ってこない。




the FIELD OF VIEW


FOVの全楽曲の中で私の思う「FOV像」に一番近いのがこの曲。

歌詞に綴られるのは夢に向かって頑張る女性を見守る男性の思い。その雰囲気からは誠実さと落ち着きを感じられる。でも二番のサビ前だと…
格好つかない言葉だけど この地球で君だけが僕の譲れない夢
熱いですねぇ~!そうです。これですよこれ。落ち着きの中に秘められた熱さ、私はこれこそFOVだと思うのです。そこにしっかり目をつけている小松未歩、凄い。

爽やかさの中に少し余裕も感じられるメロディーラインとサビ前の盛り上げも、このイメージ付けに一役買っています。歌詞、メロディーライン、アレンジ…全てが効果的に働いてるベストな曲です。

作詞作曲は前述の通り小松未歩なのに、それを忘れてしまいそうなほど浅岡さん、そしてFOVというバンドのイメージに合致した一曲になっています。これでまだデビュー前。小松未歩、恐ろしい子…!


↓小松未歩によるセルフカバー(AL「謎」収録)



・楽曲情報

FIELD OF VIEW「この街で君と暮らしたい」

作詞・作曲:小松未歩
編曲:葉山たけし


・アルバム収録

FIELD OF VIEWとして国内リリースされたアルバムのみ記載

SINGLES COLLECTION+4 (1997)
Memorial BEST ~Gift of Melodies~ (2002)
complete of FIELD OF VIEW at the BEING studio (2003)
BEST OF BEST 1000 FIELD OF VIEW (2007)
FIELD OF VIEW BEST HITS (2013)


・FOV25周年記念公式イベント情報

↑25周年記念でベスト盤発売&ライブやります


・FIELD OF VIEW 25周年記念全シングルレビュー

前作はこちら↓

次作はこちら↓

【槇原敬之逮捕】配信停止・自主回収について思うこと

カテゴリ:
どうも田舎っぺギリギリ高校生deamuです。受験が長引いているため更新休止中ですがこれを書かないとどうにも先に進めない気がしたので書きます。

歌手 槇原敬之容疑者を逮捕 覚醒剤取締法違反の疑い

もう4日くらい経ちましたねぇ。何やってんだよマッキー!愛犬が可哀想だぞ!!
そして巷では配信・サブスクの各サービスやCDショップからマッキーが消えるのではないかと囁かれていますよと!

回収を前提に中古でCDを買っている人や、配信でアルバムを大量にダウンロードしている人をよく見かけます。ネットのCDの価格も高騰中。

そこで!
配信停止や自主回収って本当に意味あるの?と疑問に思いまして…。今回はそれについて自分なりに持った意見をまとめてみたいと思います。



・ただ消すんじゃなくてもっといい方法があるはず

薬をやったアーティストが逮捕された際の配信停止・CD回収は、それはもうまるでお約束のようになっています。
マッキーだけじゃなく、昨年の沢尻エリカや電気グルーヴのピエール瀧、その前もヒルクライムDJ KATSU、そしてASKAの時にもレコード会社はすぐ配信停止・自主回収を実行しました。
特にヒルクライムなんか酷い話でAmazonの商品ページまで消される始末。

でも本当にそれで終わらせることに意味があるのか。
私はもっと方法があると思うわけですよ。こんな消費者側にまで負担となる方法より、もっといい方法が。



・そもそもなんで停止・回収しているの?

何故レコード会社がこれほど慌てて配信停止・自主回収をするのかご存知ない方のために一応。

まず、楽曲には印税というものがあります。
レコード会社、出版社、放送局などが楽曲を扱う際にその対価として作詞者、作曲者、編曲家、音楽出版社に対して払うお金のこと。

このお金が著作者である逮捕された当人(今回ならばマッキー)に行き渡ることによって、薬など反社会的な物資の購入に使われないようにするために配信停止や自主回収といった制裁を実行するのです。



・仕組みを変えろ!

それでもこの印税の仕組みは回収が最善であるという理由にはならない。これだけのために回収に走ってしまうのはあまりにも短絡的だし馬鹿馬鹿しい。
なぜ消費者たる私たちまでリスクを負わなければならない方法が横行するのか。

イメージダウンを避けるため…と言う人も居ますが、それも対象次第ですよ。
まずレコード会社。○○(逮捕された歌手)が所属していたからあのレコード会社はダメだ!クソだ!とかなります?なりませんよね?なったとしたら余程の捻くれ者ですよ。

次に番組や企業のCM。これは話が別です。これらに於いて曲を流さないように配慮するということは番組や企業のイメージを守るためには大いにアリだと思いますね。

ですが、社会的制裁はそういった番組や企業CM、あと街中でほとぼりが覚めるまで流さないことで十分だと思うんですよ。そこまでは別に消費者側が直接的に損をすることはないですから。でもCD回収や配信停止で消費者が巻き添えを喰らうのは違うだろと。

CDや配信においてそんな回収劇を行うくらいならば、何なら根本の印税の仕組みを変えるべきなのではないでしょうか。


著作者が逮捕された場合、
①著作者に入る印税は裁判中差し止め

②実刑が確定した場合にはその印税収入を実刑あるいは執行猶予が明けるまでは停止する

このようにすれば少なくとも逮捕された著作者に金が行き渡ることはなくなり、経済制裁として十分な効果が期待できますし、今の回収し放題な状況よりも消費者の権利も守られます。



・見たくもないから消せという人のために配信サイトやサブスクリプションなどがすべきこと

それでも薬やった歌手を見たくもないから消せと言う正義感のお強い人が居るわけですよ。そういう人のために配信サイトやサブスクリプションがするべきことは

・アーティストブロック機能の追加

これです。
見たくもない、聴きたくもないというアーティストをブロックして自分だけ聴けなく、流れなくなるようにできる機能。
これ薬の場合じゃなくても結構有効だと思います。ただ単にその歌手が嫌いなときでも使える。



・まとめ

「多様性の時代」とよく目に、耳にする現在。もし本当にそうならば消費者の多様性も重視されるべきではないでしょうか。
消費者各々が逮捕された歌手に対して自分の持つイメージで聴く/聴かないを判断できる環境を作ることが音楽業界が最も為すべきことだと私は考えます。



以上、一音楽ファンの戯言でした。戯言ですが音楽業界の方、もし見てくださっていたならば一人のへなちょこの意見としてどうか受け取ってください。お願いします。

あと共感してくださった方がいらっしゃれば、どうかこれを拡散してください。
この状況をより良い方向へと持っていくためには消費者の力が必要です。


私の好きなマッキーの曲ベスト50↓

このページのトップヘ

見出し画像
×